読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

わしボクの一押し 将来の世界チャンピオン候補 拳四朗&比嘉大吾&井上拓真&丸田七陽太&岡田博喜

▼スポンサーリンク

▼最新記事

拳四朗

日本ライトフライ級チャンピオンです。6戦6勝3KO。

まだ世界ランクには顔を出していませんが、早ければ来年ぐらいには世界を狙えると思っています。

テクニックもパンチ力も世界の器です。あとは12ラウンド戦うスタミナをしっかりつければ大丈夫でしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

比嘉大吾

日本フライ級7位ですが、私の中では一押し中の一押しです。

往年の世界チャンピオン、ファイティング原田さんをさらにハードパンチャーにしたのが比嘉です。

8戦8勝8KO。とんでもない戦績ですよね。これでフライ級ですからびっくりです。

下手したら今年中に世界チャンピオンになるかもしれません。

WBC世界ユースフライ級チャンピオンですから、WBCのランキング15位までに顔を出すのも時間の問題でしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 

井上拓真

東洋太平洋Sフライ級チャンピオンです。そして言わずと知れた井上尚弥の弟。

戦績6戦6勝1KOは、KO率が少し寂しい感じですが、先日の防衛戦でレネ・ダッケルから最終回にダウンを奪ったパンチはキレがありました。

KO率が低いのはパンチ力がないのではなく、チャンスに畳みかける連打がないためでしょう。ボクシングスキルは申し分ありません。

おそらくWBA世界Sフライ級チャンピオンの河野公平やWBCのカルロス・クアドラスよりも強いでしょう。

今すぐやっても勝てるはずですよ。

でも、慌てることはありません。倒すコツをマスターして、KOで世界を獲りましょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 

丸田陽七太

これはあまりにも青田買いすぎるかもしれませんね。

まだ1戦1勝。そして 日本Sバンタム級12位ですからね。

しかしデビュー戦で私の予想に反して、世界ランカーに圧勝しました。(私の予想はKO負けですから、えらい違いです)

これからのマッチメイクが難しいでしょうね。お願いですから安易なタイの観光ボクサーとの対戦は回避してください。それなら手応えのある相手とスパーリングする方がましですよ。

でも、世界ランカーに勝ったのですから、世界ランクを手にすることになりますね。

ランキングに登場すればマッチメイクも変わってくるでしょうか。

 

boxing.hatenablog.jp

 

岡田博喜

日本Sライト級チャンピオン。

先日、暫定チャンピオンの中澤将信との統一戦で、このクラスでは桁違いの強さを示しました。

11戦11勝9KO。唯一WBOのランキングで12位に顔を出しています。

私は以前から小原佳太より能力は上と言ってきました。

パンチ力だけなら小原かもしれませんが、ボクシングセンスは比べ物になりません。

日本人にとってチャンスの少ない階級だけに、世界戦を実現させるのは難しですね。

しかもテレンス・クロフォードを筆頭に強豪が目白押しです。

でもまだ26歳。十分にチャンスはあります。

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

 最後に…

あ~見る目のない私がこんなことを書いたばっかりに、鳴かず飛ばずの選手になってしまったら、と思うと責任感じます。

それと、金子大樹!もう一度強い金子の雄姿を見せてください。

(内山高志に負けてからも、しつこく世界チャンピオン候補NO.1に押していました)

  

boxing.hatenablog.jp