読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

124ポンドは重すぎる 岩佐亮佑再起第二戦VSデニス・トゥビエロン

▼スポンサーリンク

▼最新記事

 

岩佐亮佑VSデニス・トゥビエロン(フィリピン)

フェザー級10回戦(2016年2月6日)

f:id:stonemeintothegroove:20160207130407j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160207130421j:plain

(出典:日テレG+)

岩佐は2敗していますがいずれもサウスポーに喫したものです。

解説の浜田剛史さんは「両方とも世界チャンピオンですから、必ずしもサウスポーが苦手とはいえませんよ」と言いますが、今日の試合を見てるとやっぱり「サウスポーは苦手」じゃないかと思いました。

右ジャブはともかく左ストレートの距離があっていません。

それと124ポンドはさすがに重すぎますね。Sバンタム級のリミットが122ポンドですから、この試合はキャッチウエイトとはいえ、フェザー級の試合ですよ。

バンタム級で戦っているときに比べるとパンチのスピードが今一つですし、体にキレがないように思えました。にもかかわらずパワーは感じられません。124ポンドは完全にあってないですね。

 

ボディブローは一級品

1ラウンドから早くもボディブローでダメージを与えました。

顔面へのパンチは相手がサウスポーで体が柔らかいこともあって、なかなかヒットしませんでしたが、右ボディブローは相変わらずうまいですね。

f:id:stonemeintothegroove:20160207132349j:plain

(初回からこのボディブローは効果的にヒット)

いただけないのは、ラッシュした時の右の打ち方です。

相手のガードが堅いせいもありますが、打ち急ぐあまり右のパンチのナックルが返っていません。

f:id:stonemeintothegroove:20160207133014j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160207133043j:plain

(ラッシュした時の右のパンチはいずれもオープンブロー)

f:id:stonemeintothegroove:20160207133121j:plain

ボディへ返しはきれいにヒットするのですが。

左拳を負傷してるのでしょうか。左ストレートもいつものスピードも威力もなかったような気がします。

 

カウンターのボディでフィニッシュ

 

相手のパンチを不用意にもらうなど、なにかピリッとしない岩佐でしたが、7ラウンドの左ボディブローは見事でした。

相手がロープにつまり大きく振ってきた右をかわし、左ぼボディブローをカウンターでヒットしました。

浜田さんが「我慢していたけど、こうやって崩れたということは、あきらめたということでしょうね。」と言う通り、一瞬遅れて岩佐に背中を向けて崩れ落ち、テンカウントまで立ち上がってきませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160207134144j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160207134133j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160207134256j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160207134319j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160207134409j:plain

「世界にサウスポーはたくさんいます。もっと、サウスポーとの距離の取り方をしっかりマスターする必要がありますよ。」と言いたいところですが、私はもうサウスポーとの対戦をしないようにした方がいいような気がします。

リー・ハスキンスにあっさり負けたのも、たぶんサウスポーだったことが大きな要因じゃないかと思えてきました。納得です。

 

岩佐の能力を最大限に発揮させるために、この際、サウスポーは捨てましょう

それとたとえノンタイトル戦でも、Sバンタム級リミット122ポンドを守った方がいいと思います。

 岩佐を世界チャンピオンにするためにはこれしかない!