読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末世界戦のアンダーカード 石田匠&山本隆寛&宮崎亮

▼スポンサーリンク

▼最新記事

 

日本Sフライ級タイトルマッチ

石田匠VS大塚隆太

f:id:stonemeintothegroove:20160130142838j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160130142849j:plain

(出典:TBSチャンネル2)

この日の石田はジャブがよく出て、スピードもありました。

1ラウンドに放った2発の右ストレートは威力があってシャープでしたね。

f:id:stonemeintothegroove:20160130143351j:plain

ジャブで距離を測り抜群のタイミングの右ストレートでダウンの奪う)

大塚もジャブにスピードがあって動きもよかったですが、初回にもらった最初の右ストレートが効いてしまいましたね。

2ラウンドも早々に右ストレートでチャンピオンがダウンを奪いましたが、ここからの畳みかけがちょっと物足りませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160130144111j:plain

(このダウンはかなりダメージがありましたけどね)

右を狙いすぎているのか、連打が出ず、明らかに効いているのに決定打が出ません。

3ラウンドも同じような展開。ジャブから右ストレートは効果抜群ですが、そのあとの連打が出ません。

そしてようやく4ラウンドに連打でレフリーストップに追い込みました。ちょっと時間がかかりすぎです。

 

f:id:stonemeintothegroove:20160130144258j:plain

(相手のダメージを考えるともっと早い回で決めないとね)

 

とはいえ、石田のジャブは長くて速いので、これは大きな武器になります。このジャブからの右ストレートは抜群でした。

ジャブの手数は申し分ないのですが、右を狙いすぎるのか、やはり全体的な連打、手数が少ないような気がします。

2016年は世界を狙うということですが、チャンスにきっちり倒し切る「決め手」が重要な課題になると思います。

総合力では 井上拓真の方がかなり上ですね。

 

東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ

山本隆寛VSストロング小林祐樹

f:id:stonemeintothegroove:20160130150223j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160130150323j:plain

(出典:TBSチャンネル2)

ストロング小林は試合当日、ランキングから外れていました。

日本のランキングに入っていません。

9勝5KO4敗。ちょっとミスマッチのような気がしないでもありません。

 

山本はフック系のボクサーでジャブはほとんど出しません。

先に攻勢を仕掛けたのは小林で、積極的にパンチを繰り出します。

山本はディフェンスが甘くガードが低いので、結構このパンチを不用意にもらっていました。

しかし力の差は歴然としていました。

山本の右クロスから左フックで小林はあっさりダウン。

f:id:stonemeintothegroove:20160130150432j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160130150450j:plain

(このダウンはかなりダメージがありました)

2度目の左フックのダウンは「決まったかな」と思いましたが、何とか立ってきました。しかしもう試合の行方は決定的でしたね。

2ラウンドは余計でした。

ダメージの残る小林はガードの上からのパンチでも効いてしまうようで、ほとんどクリーンヒットのない連打で2度ダウンし、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160130152857j:plain

 

山本はパンチ力はあるようです。特に左フックは強いですね。

でもディフェンスはお世辞にもうまいとは言えません。ガードは低いですし、ジャブもほとんど出しません。

課題山積ですね。

赤穂亮や松本亮、岩佐亮佑、大森将平には遠く及びません。

 

ライトフライ級8回戦

宮崎亮VSトンチャイレック・チャイヨンジム(タイ)

 

f:id:stonemeintothegroove:20160130153028j:plain

(出典:TBSチャンネル2)

長いリーチのトンチャイレックですが、スピードと踏み込みの速さに優る宮崎は、常に自分の距離で戦い、初回から早くもペースをつかんだ感じでした。

前述の山本隆寛に比べると、はるかにディフェンスは良く、2ラウンドには、完全に相手のパンチを見切ったようです。

そして3ラウンド。狙いすました右ストレートを叩き込み1回目のダウンを奪います。そして左フック。このパンチでトンチャイレックはもんどりうったように倒れこみ、立ってきたものの。レフリーが続行を許しませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160130153850j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160130153842j:plain

(この右はきれいに決まりましたね)

やはり元世界チャンピオンですね。山本とは明らかにレベルの違いを感じました。

日本のライトフライ級は今や戦国時代です。

八重樫東、田口良一、木村悠、そしてミニマム級から田中恒成も参戦してくるようですから、楽しみですね。

一応順位をつけましょうか。

①八重樫東

②田中恒成

③田口良一

④宮崎亮

⑤木村悠

まあ、いつものようにあてにはなりませんよ!