わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

今年のチャンピオンカーニバルの注目カード(その1) 福原&拳四朗&粉川&石田&益田&石本&細野

▼最新記事

ミニマム級(3月26日、熊本)

王者・福原辰弥(本田フィットネス)―同級1位・栄拓海(折尾)注目レベル(7)

この二人、実は私はまだ試合を見たことがありません。また、栄は世界ランカーですが、なぜ世界ランクにいるのか不明です。

アマチュアの実績はあるようですが、2013年度ミニマム級全日本新人王を獲得していますので、4回戦からデビューしたようですね。

戦績は13戦13勝(8KO)。

チャンピオンの福原は、11月22日の日本ミニマム級王座決定戦で同級1位の福原辰同級2位の山本浩也を3-0判定で下し新チャンピオンになり、これが初防衛戦です。

25戦16勝6KO4敗5分の何とも地味な戦績ですね。

普通に考えれば、栄の楽勝という感じがしますが、栄も新人王になってからは、タイの観光ボクサーばっかりを相手にしていて、手応えのある日本人との対戦がほとんどないので、キャリアに優る福原の勝機も十分ありそうです。

福原の小差判定勝ちと予想します。


ライトフライ級(4月14日) 

王者・拳四朗(BMB)―同級2位・角谷淳志(金沢)注目レベル(8)

拳四朗の勝ちは動かないでしょう。角谷も世界に挑戦した経験がありますから、簡単にはKOできないかもしれませんが、チャンスは十分ありますよ。

角谷は5連勝、5連続KO勝ちで一見好調なように見えますが、相手はすべてタイの観光ボクサーですから、この数字は全く参考になりません。

拳四朗は2試合判定が続いていますので、ここはスカッとKOして角谷に観光ボクサーとのレベルの違いを見せてあげましょう。


フライ級(3月18日)

王者・粉川拓也(宮田)―同級1位・黒田雅之(川崎新田)注目レベル(4)

粉川は2011年7月にポンサクレック・ウォンジョンカムが持つWBC世界フライ級王座に挑戦しましたが、最終回はダウン寸前まで追い込まれて、大差の判定負けでタイトル奪取に失敗しています。

黒田もたしか世界挑戦の経験がありましたね。

2013年2月、井岡と対戦したWBA世界フライ級王者ファン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)に挑戦しましたが、レベコの技巧の前にほとんど何もさせてもらえないまま0-3(112-116、111-117が2者)の判定負けを喫し世界初挑戦での王座獲得はなりませんでした。

ベテラン同士の生き残り戦ですね。村中優に判定負けの粉川に対してKO負けの黒田。粉川の判定勝ちかな~。でも、そうはいかないのがボクシングですけど。


スーパーフライ級(4月17日、大阪)

 王者・石田匠(井岡)―同級1位・船井龍一(ワタナベ)注目レベル(7)

石田は同級5位大塚隆太から1回と2回にダウンを奪い、4回にレフェリーストップで久しぶりのTKO防衛に成功しています。

船井は30戦24勝16KO6敗のベテランでKO率も高いですね。

ワタナベジムです。同じ階級に河野公平チャンピオンがいます。石田にとっては厄介な相手になるでしょう。

でもこのあたりで苦戦しているようでは、世界は遠いですよ。

KOはともかく、逃げずに攻めて勝ってほしいと思います。

 


バンタム級王座決定戦(3月18日)

 

同級1位・益田健太郎(新日本木村)―同級2位・田中裕士(畑中)注目レベル(6)

益田は岩佐亮佑にKO負けした試合を見ました。大森将平にもKO負けしていますね。

田中は18戦15勝9KO3分。3つの引き分けが気になりますが、一応無敗です。

元WBCバンタム級インターナショナルユース王者で、現在WBOのバンタム級10位にランクされています。

WBCのユース王者のレベルが分かりませんので何とも言えませんが、相手はタイやインドネシアのよくわからない選手ばかり。果たして日本の手ごたえのある相手に通用するのでしょうか?

しかし、益田をKOできないようでは世界は無理ですね。お手並み拝見です。

30戦のベテラン益田が判定で王座復帰するような気がします。


スーパーバンタム級(4月2日) 

 

王者・石本康隆(帝拳)―同級1位・藤原陽介(ドリーム)注目レベル(3)

超ベテランの石本。久我勇作との王座決定戦できわどく勝ってプロ14年目で初王座についています。

2013年にマカオで元世界チャンピオンのウイルフレド・バスケス・ジュニアに勝った時はびっくりしました。WOWOWで見ましたが、2-0の判定でしたが、ダウンを奪う完勝だったと思います。

藤原は19戦16勝4KO3敗。実力は未知数ですが、石本が負けることはないでしょう。


フェザー級(3月28日) 

 

王者・細野悟(大橋)―同級2位・福原力也(ワタナベ)注目レベル(1)

ベテラン対決です。申し訳ありませんがどあまり興味がありません。

往年のハードパンチャー同士ですからせめてKO決着を期待しましょう。