わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

Sウェルター級ではチャーロ兄が一番 一番の強敵は弟?

▼最新記事

 

IBF世界Sウェルター級タイトルマッチ

 

ジャーマル・チャーロ(アメリカ)VSウィルキー・キャンプフォート(アメリカ)(2015年11月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20160112153830j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112153842j:plain

(出典:WOWOW)

キャンプフォートのガードが意外と堅いので、「これは倒すのが厄介かな」と思いましたが、チャーロの破壊力は予想以上でした。

2ラウンド序盤のチャーロの右カウンターは効きましたね。そのあとキャンプフォートの足がそろったところへ左右のコンビネーションでまずダウン。

3ラウンドも右ストレートがまず効いて、そのあと連打でダウンを奪いましたが、このダウンも3ラウンド同様、それほどダメージがあるようには見えませんでした。

f:id:stonemeintothegroove:20160112153907j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112153919j:plain

(出典:WOWOW) 3ラウンドのダウンシーン

しかし4ラウンドのチャーロの左アッパーでキャンプフォートが目を傷め、あっけなくリタイア。ダウンは多かったものの、力の差がありすぎて、なんだかかみ合わなかった感じがしますね。

  f:id:stonemeintothegroove:20160112154154j:plainチャーロの左アッパーで目を傷めた

f:id:stonemeintothegroove:20160112154710j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112154729j:plain

(出典:WOWOW) 目を傷めてキャンプフォートがギブアップ

この階級で一番の強敵は双子の弟のジャーメル・チャーロかもしれません。

 

ウェルター級12回戦

エロール・スペンス(アメリカ)VSアレハンドロ・バレラ(メキシコ)(2015年11月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20160112155411j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112155437j:plain

(出典:WOWOW) 

アメリカとメキシコのホープ対決でしたが、スピードが2段階ぐらい違いました。

 

バレラは199㎝の長いリーチを持て余し、2ラウンドには早くもスピードに優るスペンスの強い右フックが決まりました。

3ラウンドに入ると完全にスペンスのペースになり、バレラはスペンスのスピードに全くついていけません。

バレラもメキシコホープだけあって、スペンスの打ち終わりに時折右ストレートを決めますが、手数は圧倒的スペンスが上。

そして5ラウンドに2度ダウンを奪ってレフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20160112155934j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112155956j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20160112160038j:plain

(出典:WOWOW) 

スペンスは前回、ちょっとふがいない試合をしましたが、この日はそのうっぷんを晴らすようなスピーディでパワフルなボクシングでした。

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

ウェルター級にはIBFのケル・ブルックとWBAのキース・サーマンという強いチャンピオンが二人います。

そして、ダニー・ガルシアやレイモンド・ピーターソンもウェルター級ですね。

 

boxing.hatenablog.jp

 

まあアミール・カーンやショーン・ポーターには勝てるでしょうが、それにしても、なかなか楽しみな対決が見られそうです。あ~あのブラッドリーもウェルター級でしたね。

しつこいようですが、パッキャオもせめてガルシアあたりとやったら、面白かったのに。

 

WBO世界Sミドル級タイトルマッチ

アルツール・アルバハム(ドイツ)VSマーティン・マレー(イギリス)

(2015年11月28日)

f:id:stonemeintothegroove:20160112162523j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160112162532j:plain

(出典:WOWOW) 

途中で2回ほど居眠りをしてしまうほど、退屈極まりない凡戦でしたね。

ところで、アブラハムはいつの間に世界チャンピオンになったのでしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 あ~この試合か。ホント、アブラハムもいい加減に引退してよ。

私の採点では(採点でもしていないと退屈で仕方がないので)114ー113でマレーの勝ちでしたが、公式ジャッジは2-1(115-112、116-111、112ー115)でアブラハムの判定勝ち。だれかアブラハムに引導渡してよ。