読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

あ~がっかり パッキャオの最後の相手はブラッドリーか!

ボクシング・マッチメイク予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

マニー・パッキャオVSティモシー・ブラッドリー

 

f:id:stonemeintothegroove:20160106110649j:plainf:id:stonemeintothegroove:20160106110706j:plain

(出典:WOWOW)

私が個人的に最も望まない相手が、このブラッドリーでした。

過去2戦ははっきり言って凡戦。お互いにスピードはありますし、手数も多いのですが、とにかく当て勘が悪すぎます。

2人の基本的な考え方は「数打ちゃ当たる」これにつきるでしょう。

 

パッキャオにしろブラッドリーにしろ、相手が少し鈍い相手の場合は、抜群のクリーンヒットを面白いように当てますが、速い相手になると途端に打ち急ぎ、ナックルがしっかり返らない手打ちのパンチャーに変身します。

 

ブラッドリーの前戦は良かったですね。ブランドン・リオスは鈍いし打たれ強いので、強いパンチをしっかり打たないとパワーで押し切られてしまいます。

 

boxing.hatenablog.jp

 

パッキャオもクリス・アルジェリ戦は良かったですね。 

試合は判定になりましたが、私は個人的には9ラウンドTKO勝ちだったと思っています。余談ですが、浜田さんも大嫌いでしょうが私もこのアルジェリは大嫌いです。

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

さて4月9日。

 

パッキャオにとっては、テレンス・クロフォードよりはるかに安全な相手です。

ブラッドリーとは、一発パンチの破壊力が違います。そして何より、自在にスイッチするクロフォードは、サウスポーのパッキャオにとってもかなりやりにくい相手だと思います。

Sライトのクロフォード、ウェルターのブラッドリー、結局決め手はウエイトだったのかな~

 

普通に試合を予想すれば、過去2戦と大差ない凡戦なるでしょう。

でも最後の試合ですからね。お互いに速いけど「ぱちゃぱちゃ」手打ちパンチの応酬で、一見打ち合いに見えるけど、ほとんどクリーンヒットのない試合展開だけはやめましょう。

一発一発に力を込めて、とにかくKOにこだわって、「絶対倒してやる!」ぐらいの意気込みで試合に臨んでほしいですね。

せめて、パッキャオはアルジェリ戦のように、ブラッドリーはリオス戦のよう戦ってほしいと思います。