わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

日本のスーパースター候補は誰だ!全日本新人王決定戦その2

▼最新記事

日テレG+の放送枠は6時間!

放送が始まったのは2015年12月20日、午後2時です。

終了予定がなんと午後8時!

そこそこKO決着やら緊迫した試合が続いたので、何とかSフライ級まではノンストップで見ていましたが、3時半ごろ、「あっ、朝日杯フューチュリティステークスが始まる!」

てなわけで、競馬中継にチャンネルを切り替えました。

残念ながら武豊は2着。

で、またCSに切り替えました。ちょうどバンタム級が終わったところでした。

「その1」ではその次のSバンタム級までお伝えしましたので、ここからフェザー級の決勝です。

 

フェザー級

萱沼徹平(東)VS仲里周磨(西)

f:id:stonemeintothegroove:20151221161129j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221161150j:plain

 (出典:日テレG+)

この日一番の注目のカードです。

萱沼も東日本決勝は不戦勝でしたので、実力は未知数でしたが、帝拳ジム期待のハードパンチャーだという認識はありました。

一方の仲里は西軍代表決定戦で、その完成度の高いボクシングを披露し技能賞を獲得しています。

1ラウンドに偶然のバッティングで仲里が負傷。それで少し焦ったのか萱沼の距離で戦い、萱沼の鋭い右フックでダウンを喫しました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151221162433j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221162424j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151221162456j:plain

 (出典:日テレG+)

萱沼は体が柔らかく、運動能力の高さを感じさせるボクシングをしますね。

2ラウンドから仲里も持ち直し、基本に忠実な力強いボクシングで対抗します。

スキルの高い攻防は、この日の決定戦の中でも一番レベルが高い気がしました。

判定は1-0のドローでしたが、萱沼が勝者扱い。

私は、ダウンを奪った萱沼が勝ったと思いました。

萱沼をスーパースター候補3に挙げます。

 

Sフェザー級

石川元希(東)VS中谷有利(西)

f:id:stonemeintothegroove:20151221163638j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221163708j:plain

  (出典:日テレG+)

これは私の個人的な注目カードです。

どちらもハードパンチャーですが、石川はいかにも硬くて打たれ弱い印象があります。

相変わらず雑なボクシングを展開していた中谷ですが、3ラウンドにようやくパンチがクリーンヒットしダウンを奪いました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151221163805j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221163731j:plain

これで中谷が仕留めるかと思いましたが、中谷の詰めが甘く石川は何とか持ちこたえました。

4ラウンドに偶然のバッティングで負傷判定に。

お互いにクリーンヒットが少なかっただけに、ダウンを奪った中谷が優勢ですね。

勝った中谷もこの雑なボクシングでは日本ランカーには通用しないでしょう。

 

ライト級

中嶋龍成(東)VS松村智昭(西)

f:id:stonemeintothegroove:20151221163840j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221163852j:plain

  (出典:日テレG+)

西軍代表決定戦ではMVPに輝いた松村ですが、サウスポーは相当苦手のようです。

両者全くかみ合わない凡戦になり、松村の強打は終始空回り。

判定でサウスポーの中嶋が新人王に輝きました。

 

Sライト級

河田神二郎(東)VS藤田光良(西)

f:id:stonemeintothegroove:20151221164252j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221164312j:plain

  (出典:日テレG+)

今度は東のMVPが登場しましたが、この河田もサウスポーが苦手のようです。

強引な攻めに終始し、その強打は松村同様、空回り。堅実なボクシングを展開したサウスポーの藤田が判定をものにしました。

 

ウェルター級

永野祐樹(東)VSジラフ麒麟神田(西)

f:id:stonemeintothegroove:20151221164939j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221164957j:plain

  (出典:日テレG+)

長身のきりんさんもサウスポーは苦手のようで、永野の強打に簡単に捕まり、1ラウンドにいきなりダウンを奪われました。

そして永野の追撃で腰を落としたところをレフリーがストップ。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151221165402j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151221165410j:plain

  (出典:日テレG+)

 

サウスポーの永野がTKO勝ちをおさめました。

私の記憶ではサウスポーが負けたのはミニマム級だけだったのではないでしょうか。

 

意外とKO決着が多かったので、さすがに8時まではかかりませんでしたが、4時間以上かかったのではないでしょうか。久しぶりに「へとへとです」。

解説の飯田覚士さん、浜田剛史さん、お疲れさまでした。

この中から世界チャンピオンが生まれるといいですね。