わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

退屈なヘビー級タイトル戦 クリチコVSフューリー&ポペトキン

▼最新記事

 

3団体統一世界ヘビー級タイトルマッチ

 

ウラジミール・クリチコ(ウクライナ)VSタイソン・フューリー(イギリス)

 

f:id:stonemeintothegroove:20151216120741j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151216120818j:plain

(出典:WOWOW)

クリチコが198㎝、フューリーは206㎝の巨漢対決は魅力的です。

注目の一線でしたが…。

 

フューリーは本当にでかいですね。手足が長く、しかも結構スピードがありました。

f:id:stonemeintothegroove:20151216120914j:plain

(出典:WOWOW)

 珍しく距離で負けるクリチコが、前に出てプレッシャーをかけ、フューリーがアウトボクシングからカウンターを狙います。

 

 

確かにクリチコのプレッシャーはかなり迫力がありましたが、それだけでした。

本来小心者のクリチコは、カウンターが怖くて、思い切って飛び込んでパンチを当てることができません。

変則スタイルのフューリーも速いジャブを打つものの、距離がつかめず届きません。

接近するとお互いにクリンチ。離れたらパンチが届かない。カウンターも空回り。

 

中盤で早くも巨漢対決の試合前の期待が見事に裏切られました。

 

 

フューリーはサウスポーにスイッチしたりして、やりにくいボクサーではありますが、それだけですね。つならない選手です。

一方のチキンハートのクリチコはフューリーのフェイントに過剰反応して、手が出ず、ただ前に出てプレッシャーをかけるだけで、パンチを出しても全く当たりません。

 

中盤からペースを握って距離もつかんだ感じのフューリーも、結局パンチが当たらず、リングジェネラルシップ(主導権支配)だけでポイントを拾い、あとはクリンチに終始していました

それにしてもフューリーはマナーが悪いですね。時折ロープをつかんだり、無意味におどけたり、「そんな余裕があるのならパンチを当てろ!」と言いたいです。

 

ようやくボクシングらしくなったのは9ラウンドからでした。

11ラウンドのフューリーの右フックは効果がありました。f:id:stonemeintothegroove:20151216121158j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151216121024j:plain

(出典:WOWOW)

そして12ラウンドになって、やっとクリチコらしいパンチがヒットしたものの、時間切れ。

 

 私は1ポイント差でフューリーでしたが、公式ジャッジは、115ー112、115-112、116-111の3-0でフューリーがタイトルを奪取しました。

 

この二人の再戦はいりませんね。退屈な試合をもう一度見たいとは思いません。

もう、クリチコは引退したらどうですか。もしくは、ディオンテイ・ワイルダーと対戦した方がまだましだと思います。

 

フューリーも魅力のない巨人ですね。アンソニー・ジョシュアにぼこぼこにされたらいいと思います。

 

WBCシルバー・ヘビー級タイトルマッチ

アレクサンドル・ポペトキン(ロシア)VSマリウシュ・ワフ(ポーランド)

f:id:stonemeintothegroove:20151216121303j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151216121312j:plain

(出典:WOWOW)

2人とも唯一の1敗はクリチコに判定負けしたものです。二人にとってはクリチコは大きな壁のようです。

もっと僅差の試合展開を予想していましたが、それは序盤だけで、中盤からは完全なポペトキンのペースになりました。

ワフはフューリー並みの巨漢でしたが、188㎝のポペトキンが、スピードもテクニックもパワーもすべて一枚も二枚も上でした。

 

6ラウンドのポペトキンの右フックはかなりダメージがあったようです。

そこからはポペトキンの左右連打がヒットしだし、特に9ラウンドに左フック3連打は見事でした。

10ー11ラウンドはポペトキンの一方的な展開が続き、最終回はポペトキンが倒しに来ました。

そして、ポペトキンパンチでカットしたワにドクターのチェックが入り、レフリーがストップしました。

f:id:stonemeintothegroove:20151216121419j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151216121345j:plain

(出典:WOWOW)

たしかこのレフリー、ジェイ・ネイディさんだと思いますが、この人でかいですね。

2メートルを超す巨漢のワフとそん色なかったですから。(余談でした。)

 

ポペトキンはスキのない堅実なボクシングをします。36歳ですが、まだまだ衰えは見えません。ディオンテイ・ワイルダーにとっては手ごわい相手になりそうです。