わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

尾川堅一が勝ちましたね! VS内藤律樹(日本Sフェザー級タイトルマッチ)

▼最新記事

 

日本Sフェザー級タイトルマッチ

 

内藤律樹VS尾川堅一(2015年12月14日)

f:id:stonemeintothegroove:20151215163752j:plain

(出典:日テレG+)(9月に世界ランカーのフリオ・バッサに勝つまでは日本4位でした)

尾川の成長ぶりは目覚ましものがありましたが、内藤チャンピオンはかなりの実力者です。内藤のこの一戦には相当の自信をのぞかせていましたので、「尾川の判定負けかな」なんて、実は思ったりしていました。

 

boxing.hatenablog.jp

 

まさか、1ラウンドにいきなりダウンを奪うとは!

実は、試合を見ていませんので、これ以上詳しいことを書くことはできませんが、5回偶然のバッティングで負傷判定になると、このダウンは大きいでしょうね。

10ラウンドまでやったらどうなるのか、再戦を望みます。

 

東洋太平洋Sフェザー級タイトルマッチ

 

伊藤雅雪VS江藤伸吾(2015年12月14日)

 

これも興味深い一戦でしたね。

伊藤は内藤に惜しくも判定負けしましたが、その後東洋太平洋のタイトルを奪っています。

一方の江藤は、先日残念ながら世界戦で敗れた江藤光喜の弟です。

まあ、この試合は伊藤の勝ちは動かないだろうと思っていました。

KOも期待しましたが、残念ながら判定決着。

内藤もそうですが、伊藤ももう少しパンチ力があったら、すぐにでも世界を狙えるような気がします。

 

Sフェザー級の戦力図

 

 

日本人のレベルが高く、層の厚い階級と言われていたSフェザー級。

一時は金子大樹、中村正男そして内藤律樹が、内山高志、三浦隆司両チャンピオンを追いかけていましたが、これで戦力図が少し変わってきました。

 

先頭は内山チャンピオンで変わりませんが、先日、三浦がタイトルを失い、変わって追いかけるのは尾川、伊藤の二人が抜けてきたような気がします。

 

内藤はこの後階級をどうするのでしょう。

金子、中村の巻き返しも期待したいですね。

 

boxing.hatenablog.jp