読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

再起戦の岩佐亮佑&2階級制覇を目指す五十嵐俊幸

▼スポンサーリンク

▼最新記事

岩佐亮佑(25歳)VSマーロン・アルシリヤ(フィリピン:21歳)

 

Sバンタム級10回戦(2015年11月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20151213160259j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151213160310j:plain

(出典:日テレG+)

2度のバッティングは残念でしたが、まずまずの再起戦だったように思います。

リングに登場した岩佐は、がっちりした感じがしました。

いつもより1階級上げたSバンタム級は、岩佐には向いてるような気がしますね。

 

解説の飯田覚士さんが「右ジャブが課題ですね」と言うように、岩佐のジャブで距離をうまく作れるかが、再起戦の重要なポイントでしょう。

そして、その通り、右ジャブをついて、きれいに左ストレートを決め、上々の立ち上がりでした。ただ、上体が少し硬いのが気になりましたね。

2ラウンドの右アッパーは芸術的でした。相変わらず当て勘はいいですね。f:id:stonemeintothegroove:20151213161020j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151213161832j:plain

(出典:日テレG+)

 

ジャブでうまく距離を取るので、左ストレート、左フックが面白いように当たっていました。

3ラウンドに偶然のバッティング。

4ラウンドにアルシリアが強引に出てきて、不用意にパンチをもらう悪い癖が出ましたが、それ以外はこの回まで小気味いい攻めで、完全に岩佐のペースで進みましたが…

なんと、5ラウンドにまたもや偶然のバッティングがあって、試合はストップ。

このままいけばKOも期待できただけに、負傷判定になってしまったのが残念です。判定は文句なしに岩佐の勝利でした。

 

 次はSバンタム級でギジェルモ・リゴンドーとやってほしいですね。

彼はきっと対戦相手がなく干されていますから、オファーを出せばすんなり決まるような気がします。

 

五十嵐俊幸(31歳)VSジョナサン・フランシスコ(フィリピン:22歳)

Sフライ級10回戦(2015年11月24日)

f:id:stonemeintothegroove:20151213161637j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151213161645j:plain

 (出典:日テレG+)

 

試合前に五十嵐は「KOを狙います」と言っていたようですが、それが裏目に出たような気がします。

 

1ラウンドは五十嵐が自分の距離で戦い、上々の立ち上がりでした。

ジャブも速いし、ワンツーも綺麗にヒットしていました。

 

2ラウンドにフランシスコが出てきましたが、上体をうまく使って、見た目ほどパンチをもらってはいないようでした。このあたりの柔らかさは岩佐よりうまい気がします。

 

しかし、この回、顎にフランシスコの頭突きをもらい、口の下からかなり出血した後、ヒッティングにより目の上が切れるという、大きなハンデを被りました。

倒すことにこだわりすぎて、相手の距離で戦ってしまったのがまずかったですね。

 f:id:stonemeintothegroove:20151213161933j:plain

 (出典:日テレG+)

 

3ラウンドは自分の距離をキープして、何度も左を当てていましたが、「右ジャブが少ない」と飯田さんが指摘。それでも左ボディは結構効果的だったように思います。

フィリピンの若いボクサーはパンチを思い切って振ってくるので、後手に回る五十嵐の見た目の印象が悪かったため、ポイント的にはリードすることができませんでしたが、ペースは握っていたと思います。

 

結局、岩佐と同じ5ラウンドに偶然のバッティングで試合はストップ。またもや負傷判定という結果になってしまいました。

判定は引き分けでしたが、五十嵐の出来はそれほど悪いとは思いませんでした。

課題は「自分の距離で戦う」ことですね。

31歳ですし、そろそろ河野公平あたりと対戦してはいかがですか。