わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ほれぼれするテクニック ワシル・ロマチェンコVSロムロ・コワシチャ

▼最新記事

WBO世界フェザー級タイトルマッチ

 

2015年11月7日

ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)VSロムロ・コワシチャ(メキシコ)

f:id:stonemeintothegroove:20151208164533j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151208164547j:plain

(出典:WOWOW)

村田諒太がラスベガスデビューした日のセミファイナルに、ロマチェンコが登場しました。村田が判定で勝利した次の試合が、WBO世界フェザー級の3度目の防衛戦でした。

f:id:stonemeintothegroove:20151208165258j:plain

(出典:WOWOW)この時点でもまだ後ろの席はガラガラ

ロマチェンコはこれまで5戦4勝2KO1敗でこれがまだ6戦目にも関わらず、もう3度目の防衛戦ですから驚きです。

解説の浜田剛史さんが「ロマチェンコの足さばきは、リンクの上にいるアイススケーターのよう」と評し、対するコアシチャについては「何をとっても全部が普通の選手」とボロカスでした。

 

ロマチェンコのワンマンショー

コアシチャはロマチェンコの動きが速すぎて、全く手が出ません。

ロマチェンコにヒットしたパンチは、試合全般を通しても5発ぐらいだったかもしれません。

2ラウンドにはもう完全にロマチェンコの距離になっていました。

3回からはチャンピオンが連打で圧倒し、4回は少し力を込めて打つようになります。

コワシチヤのパンチは全く当たりません。極端に言うと「かすりもしません」。

 

浜田さんが「コワシチャは、うまさで勝負してはいけません。要するに勝てばいいんですから」と応援するものの、残念ながらその声はコワシチャに届きません。

 

連打でストップを狙う

6回から、顔面のパンチではなかなかコワシチャが倒れそうにないので、連打でストップを狙う作戦に切り替えたのか、ロマチェンコは、軽いパンチで当て放題、やりたい放題に打ちまくります。

このままギブアップかストップかなと思いましたが、9回にまたロマチェンコが倒しに来ました。さすがです。そして、ボディが効果的に決まり始めました。

 

私はこのテクニックだけで満足

「ボクシングはKOだ」といっている私ですが、ロマチェンコは別格です。

足の運び、距離感、ディフェンス、手数、当て勘、すべて満点のボクサーです。

これでパンチ力があったら、逆にほかの良さが消えてしまうかもしれません。

 

とにかく、10回につい強烈なボディブローで、しぶといコワシチャもついにダウンし、ギブアップのテンカウントを聞きました。

何だか外国のレフリーがテンカウントを数えるのを久しぶりに見たような気がします。

f:id:stonemeintothegroove:20151208165159j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151208165219j:plain

(出典:WOWOW)

ロマチェンコがSフェザー級に上げて来たら、内山高志面白い試合が期待できまそうです。内山の距離感、ジャブ、右ストレートがロマチェンコにどこまで通用するのでしょうか。長谷川穂積との対戦も興味深いですね。

 

同じオリンピアンでも消極的で自分勝手なギジェルモ・リゴンドーとは対照的です。

彼は勝てばいいと思っていますから、最低のボクサーです。

ロマチェンコがリゴンドーをきりきり舞いさせるところを見てみたいですね。