わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ピーター・クイリン お前もか! VSダニエル・ジェイコブス

▼最新記事

友人、ダニエル・ジェイコブスにTKO負け

WBA世界ミドル級タイトルマッチ(2015年12月5日)

 ダニエル・ジェイコブス(アメリカ/28歳)VSピーター・クイリン(アメリカ/32歳)

1ラウンド1分25秒TKO

f:id:stonemeintothegroove:20151207123702j:plain

雑な攻撃でピンチを招いた前戦でしたが(ジェイコブス)

f:id:stonemeintothegroove:20151207124329j:plain

クイリンのこの右が決まれば…

 (出典:WOWOW)

 

私がスーパースター候補として挙げていた、アミール・イマムに続いて、クイリンまで負けてしました。

クイリンは最近、体重オーバーや雑なボクシングを見せるなど、不安要素もありましたが、穴の多いジェイコブスには勝つと思っていました。

 

前回の試合 ↓

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

boxing.hatenablog.jp

 

1ラウンド開始早々にジェイコブスが右ストレートでダメージを与えると、クイリンは完全に脚にきてしまったようです。

王者がすかさず連打で畳み掛けると、ダウンこそなかったものの、クイリンは反撃できない状態になり、リング上でたたらを踏む挑戦者を見て、レフェリーはたまらず試合を止め、クイリンはまさかの初黒星を喫しました。

ストップが早かったという声もあるようですが、詳細はまたエキサイトマッチを観戦してからご報告します。それにしても、またもショックな敗戦です。

クイリンは今までピンチらしいピンチに遭遇したことがなく、ダメージを被った時の対処の仕方がお粗末だったために、ストップされたような気がします。

意外ともろかったですね。

 

ところで、私は年齢を完全に勘違いしていました。チャンピオンのジェイコブスが4歳も若かったんですね。

しかし、クイリンはこれで終わることはないでしょう。それにしてもミドル級は層が厚いです。村田はSミドル級で世界を狙った方がいいかもしれません。

 

これで、ジェイコブスは 31勝(28KO)1敗となり、クイリンは32勝(23KO)1敗1分となりました。

 

ジェイコブスは、12月19日に行われるアンディ・リー対ビリー・ジョー・サンダースのWBOタイトル戦の勝者との統一戦が、次のターゲットになるようです。

リーは逆転王ですから、仮にジェイコブズがダウンを先に奪った場合、カウンターに気を付けないと、リーはクイリンよりはるかにピンチに強いですからね。

 

リーVSクイリン ↓

boxing.hatenablog.jp