わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

海外試合結果速報 つまみ食い~ イマムとクリチコ敗北、チャーロは…

▼最新記事

アミール・イマムがTKO負け!

2015年11月29日。

S・ライト級10回戦で番狂わせがありました。

将来のスーパースター候補として期待されていたイマムが、アドリアン・グラナドス(米)によもやの8回TKO負けで初黒星を喫しました。

試合内容の詳細は全くわかりませんが、いや~とにかくショックです。

グラナドスは17勝12KO4敗2分の無名選手です。9月に日本の「岳たかはし」に勝っているそうですが、「岳たかはし」誰なんでしょう。

 

boxing.hatenablog.jp

 

ウラジミール・クリチコが負けましたね

2015年11月28日。

f:id:stonemeintothegroove:20151205204854j:plain

(出典:WOWOW)

11年間無敗、世界ヘビー級3冠チャンピオンに君臨するウラジミール・クリチコ(ウクライナ)が王座から降りました。

IBF・WBO・WBAスーパー世界ヘビー級タイトルマッチで、挑戦者タイソン・ヒューリー(英=WBO1位、WBA2位、写真)が12ラウンド3-0判定勝利をおさめました。

ヒューリーは期待通り、世界初挑戦で超安定王者を下しました。

クリチコはIBF王座「19度目」の防衛に失敗しました。

 

スコアカードは116-111、115-112、115-112の3-0で、明確なヒューリーの判定勝ちと言えるでしょう。

巨人対決は、ヒューリーが慎重に対処しながらも手数で勝る展開で進行しました。

クリチコの左ジャブ、右強打を巧妙に吸収して、ポイントに結びつけたようです。

 

負傷で試合を2週間延期したクリチコは、39歳の年齢が忍び寄ったのか、自慢の強打が不発で後手に回ります。

11回にヒューリーはラビットパンチにより減点され、最終回も王者が反撃の姿勢を見せたものの、最終結果には大きな影響はなかったようです。

詳細はこちら ↓

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

ジャーマル・チャーロは順当に勝つ

 

同じく28日に、IBF世界S・ウェルター級タイトルマッチが行われ、初防衛戦に臨んだ王者ジャモール・チャーロ(米)が挑戦者14位ウィルキー・キャンプフォート(ハイチ=米)に4回1分16秒TKO勝ちしました。こちらは順当な結果となりました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151205205007j:plain

(出典:WOWOW)

初回からシャープな左ジャブを決めるチャーロが2回、ワンツーで早くも最初のダウンを奪います。

3回、左ロングフックから右アッパーを叩き込むと、キャンプフォートはまたもやキャンバスに尻もちをつきます。

攻撃の手を緩めないチャーロは4回、左アッパーでダメージを与え、追撃でまたダウンを奪いました。キャンプフォートは起き上がったものの、さすがに戦意喪失。そして、レフェリーが試合を止めました。