読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

いつものように勝手な抜粋 新人王西軍代表決定戦2015

▼スポンサーリンク

▼最新記事

MVPはライト級の松村智昭

ライト級  

松村智昭(グリーンツダ)VS 市川大樹(駿河男児)  

f:id:stonemeintothegroove:20151126120730j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126120738j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20151126120550j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126120610j:plain

(出典・日テレG+)

松村が5戦5勝(3KO)、一方の市川も 6戦6勝(4KO)。全勝同士のしかもハードパンチャー対決ですから、注目の一線でした。

西日本の時と同様、松村の動きは良かったですね。足の運び、出入りの速さは新人としては文句なしです。

市川も柔らかい身のこなしで対応しますが、1ラウンドから松村が距離を先につかんだように見えました。

3ラウンドの右ロングフックは圧巻でした。文句なしのMVPです。

 

Sフェザー級

中谷有利(グリーンツダ)VS ファイン新井(関門JAPAN) 
 

f:id:stonemeintothegroove:20151126120829j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126120846j:plain

(出典・日テレG+)

中谷は私が一番注目していた選手でしたが、強引で雑なボクシングに終始して、先行きに不安を残しましたね。

 

boxing.hatenablog.jp

 

中谷は6戦6勝(5KO)の無敗のハードパンチャー。一方の新井も7戦5勝(1KO)1敗1分で、この選手も中部日本の決定戦を見たときに、そのテクニックのレベルの高さは結構評価していました。「中谷も簡単には倒せないだろうな。」

 

新井は中谷の雑なパンチをことごとくブロックして、ディフェンス力の高さを見せつけました。

まあ、攻勢と手数で中谷の辛勝でしたね。(2-1の判定勝ち)

全日本の決勝の相手は石川元希です。私はこちらの方が中谷とっては倒しやすいと思います。新井よりは危険なボクサーですけど。

f:id:stonemeintothegroove:20151126122340j:plain

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

フェザー級

永野祐人(グリーンツダ)VS仲里周磨(ナカザト)

f:id:stonemeintothegroove:20151126121128j:plain

 

f:id:stonemeintothegroove:20151126121111j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126121147j:plain

(出典・日テレG+)

 

永野は5戦5勝(2KO)、仲里も4戦4勝(3KO)の無敗対決でしたが、仲里が一枚も二枚も上でしたね。

パンチ力もありますし、フィジカル面でも圧倒していました。

5ラウンドのKOは見事でした。右から左の返し、完璧なKOパンチでした。

 

バンタム級

清瀬天太(姫路木下)VS 水野拓哉(松田) 

 f:id:stonemeintothegroove:20151126121724j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126121336j:plain

(出典・日テレG+)

清瀬は、8戦6勝(1KO)1敗1分 、水野は、8戦7勝(7KO)1分。

西日本の決勝では、清瀬はそれほど目立った存在ではありませんでしたが、水野は1引き分を除いてすべてKO勝ちという注目の選手でしたし、中部日本の決勝でも圧巻の強さを見せ付けました。

解説の飯田覚士さんも「この二人はレベルが高いですね」と言うように、ハードパンチャーの水野に清瀬のテクニックは全く引けを取りませんでした。

序盤は水野の強打がいつ炸裂するか、という展開でしたが、回を重ねるごとにペースは清瀬に傾いていたように思います。

2-0でしたが、この試合は清瀬の完勝ですね。

 

スーパーフライ級

 平野拳生(風間)VS井上太陽(広島三栄)

 

平野、5戦5勝(3KO)、 井上5戦4勝(3KO)1敗。

この試合は、平野の計量失格によるり、井上不戦勝。何じゃそりゃ~。

平野は私個人としては将来性NO,1だと思っていただけに残念で仕方がありません。最近、日本でも体重オーバーが多くなりましたね。

 

フライ級

 坂本真宏(六島)VS 吉房克曜(トヤマ)

f:id:stonemeintothegroove:20151126125603j:plain

(出典・日テレG+)

両選手とも無敗(坂本4戦4勝3KO、 吉房4戦4勝1KO) の好カードでしたが特に注目は坂本のパンチ力です。

坂本は西日本の決勝でも1ラウンドからハードパンチで圧倒し、右ストレート一発でKO勝ちしました。

粗削りでスタミナに難がありそうでしたが、予想通りの展開になってしまいました。

前に出て大振りのパンチを振りまわす坂本に対して、吉房はのらりくらりとそのパンチをかわして、カウンターを狙います。

単発で手数の少ない坂本がかろうじて判定勝ち(2-1)。

 

ライトフライ級

  ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)VS 大城信博(琉球)

西日本の決勝でMVPのユーリは5戦4勝(2KO)1分、大城は4戦2勝(2KO)2分 でともに無敗です。

 

boxing.hatenablog.jp

 

f:id:stonemeintothegroove:20151126130127j:plain

(出典・日テレG+)

アマチュア経験のあるユーリは構えがよく、基本がしっかりしている感じでした。対する大城はやや変則なスタイル。

少しかみ合わない退屈な展開で、ユーリが消極的ながら無難にポイントを拾い、3-0の判定勝ち。

 

ミニマム級

  北村流生(六島)VS安藤勇太(畑中)

北村は6戦5勝(1KO)1敗 、安藤は3戦2勝1分。
ともにパンチ力はなさそうな感じでしたが、予想外のダウンの応酬。

なかなかスリリングな面白いボクシングでした。やっぱりボクシングはダウンがつきものですよ。

 f:id:stonemeintothegroove:20151126130138j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126124836j:plain

 f:id:stonemeintothegroove:20151126131036j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151126131046j:plain

(出典・日テレG+)

1ラウンド、 まず、サウスポーの坂本が安藤のいきなりの右をもらってダウン。

しかし、3ラウンドに今度は坂本がダウンを奪い返しました。

結局地力に勝る坂本が3-0の判定勝ち。

しかし全日本の決勝の相手は小浦翼です。手玉に取られそうですね。

f:id:stonemeintothegroove:20151126132221j:plain

 (出典・日テレG+)