読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

年末までの注目選手・追加版(最新:内山高志も決まる:11月17日更新)

  井上尚弥、井上拓真 ボクシング・マッチメイク予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

2015年12月31日

 

井岡一翔や田中恒成などの試合相手が決まりましたので、追加しました。

 

WBO世界ミニマム級タイトルマッチ

田中恒成VSビック・サルダール(フィリピン)

 

サルダールはWBOアジアパシフィック王者で、WBO4位、12戦11勝9KO1敗の戦績です。パンチ力がありそうですね。

KO決着必至の試合になりそうです。もちろん田中のKO防衛と思っていますが、そう簡単ではないでしょう。

 

WBA世界フライ級タイトルマッチ

井岡一翔VSファン・カルロス・レべコ(アルゼンチン)

 

 井岡一翔の年末の相手はやっぱりファン・カルロス・レべコでしたね。

再戦か~魅力ないですね。おそらく展開は前回と大きく変わることはないでしょう。

新鮮味ゼロ。レべコに上積みはないでしょうから、井岡の出来次第です。

KOしないと、井上尚弥に大きく水をあけられてしまいますよ。

 

内山高志と田口良一もやっと相手が決まる!(2015年11月17日更新)

 

WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ

内山高志VSオリバー・フローレス(ニカラグア)

 

WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ

田口良一VSルイス・デラロサ(コロンビア)

 

やっと決まりましたね。強いと相手を探すのが大変なんでしょう。

内山の相手のフローレスは30戦27勝17KO1敗2分、24歳。

WBA7位、KO率もまあまあで、戦績も優秀です。年齢が24歳で内山とちょうど一回り違います。順当なら、内山が何ラウンドで倒すか、になるところですが、まあ油断は禁物です。

フローレスで思い出すのが、具志堅用高のV14を阻んだペドロ・フローレスです。

V13で苦戦し再戦でKO負け。その時は全く無名の選手でしたからね。

 

田口の相手は昨年7月に中国のゾウ・シミンに判定で負けています。(97-93、99-91、99-91の3-0)

30戦24勝14KO5敗1分。このデラロサは30歳、世界挑戦が4度目ということなので、普通に考えれば「下り坂」の選手です。不思議なのはボクシングマガジン12月号の世界ランキング(WBA:10月31日発表)に載っていないということです。

一応、WBA7位ということですが。

 

2015年12月7日

IBF世界フライ級タイトルマッチ(タイ)

アムナット・ルエンロン(タイ)VS李明浩

 

急に発表されましたね。

タイでやるそうです。赤穂亮のビデオをよく研究しないと、好き勝手にやられてしまいますよ。

私は個人的に、ルエンロンとやるなら、異種格闘技の門をたたいて、体幹を鍛える練習をした方がいいと思います。

ルエンロンとの試合はボクシングにならないですから。

 

2015年12月29日

井上尚弥の世界戦の前座に、いとこが登場するようです。

アマチュア5冠の実績を持つ井上浩樹(23)。まだプロテストにも合格していないようですが、まあそれは問題ないでしょう。

お手並み拝見しましょうか。

 

試合結果

Sライト級10回戦(2015年11月7日 in マイアミ)

小原佳太VSワルテル・カスティーリョ(ニカラグア)

 

詳細はわかりませんが引き分けに終わったようです。聞くところによると、小原が若干優勢だったという話です。KO負けと断言しましたが、見事に外れました。私は善戦した思います。

 

 年末までの注目選手の試合日程はこちら ↓

 

boxing.hatenablog.jp