わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ルーカス・マティセ まさかのKO負け!

▼最新記事

 絶品の右ホールド ビクトール・ポストル

 

WBC世界Sライト級王座決定戦(2015年10月3日)

ルーカス・マティセ(アルゼンチン)VSビクトール・ポストル(ウクライナ)

f:id:stonemeintothegroove:20151028130135j:plain

(出典:WOWOW)

ダニー・ガルシアがやっと返上したタイトルをアルゼンチンのハードヒッター、マティセと無敗のポストルが決定戦で対決しました。

ポストルはパッと見た感じ、ウラジミール・クリチコに雰囲気がよく似ています。

しかし27勝11KOの戦績からは、クリチコほどのパンチはなさそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20151028130246j:plain

(出典:WOWOW)

マティセは何度目の世界戦でしょうか。暫定王者までで止まっています。なかなか正規王座に手が届きません。これが最後のチャンスかもしれません。

 

やりにくいポストル

明らかにマティセはやりにくそうで、ポストルは180㎝の長身を生かした長いジャブ、マティセが接近した時はクリンチで、マティセにボクシングをさせません。

しかもマティセの単調な攻めを読まれているようで、ほとんどマティセのパンチが当たりません。

ポストルは、特にうまいという感じはしませんし、ステップはぎこちないし、コツコツ打つパンチにスピードも威力も感じられません。

ただ、長身の割にがっちりしており、マティセより一回り大きく感じますので、まるでクリチコみたいな威圧感があります。

マティセらしさは2ラウンドだけ

6回にようやくマティセのパンチがヒットし、7回にはポストルの足をガクッとさせるなど、マティセらしさを見せましたが、ペースは依然、ポストルが握っていました。

しかし、マティセのパンチがヒットしたのは2ラウンドで3発だけ。

8回からマティセは明らかに失速し、ポストルが完全に試合をコントロール。

 

あきらめたマティセ

いくらパンチ力のないポストルのパンチでも、カウンターがジャストミートすれば、ダウンを奪えます。

しかもこのパンチがマティセの目に入りました。

f:id:stonemeintothegroove:20151028130419j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151028130426j:plain

(出典:WOWOW) 無造作に前に出たマティセにポストルのカウンターがジャストミート

解説の浜田剛史さんが「マティセ、あきらめましたかな」という通り、ダメージはあるものの、立てないほどではないように見えました。

しきりに目を気にしていたようですから、そのあたりのダメージを考えてギブアップしたのでしょう。

 

この試合で目立ったのは、ポストルの右ホールドの巧みさと、マティセのラビットパンチですね。厳しいレフリーなら減点を取られても仕方がないような反則技です。

 

この新チャンピオン、やりにくそうです

アミール・イマムやルスラン・プロポドニコフでも、そう簡単に攻略できそうな気がしません。

 

イマムの記事はこちら ↓ 

boxing.hatenablog.jp

 

 プロポドニコフの記事はこちら ↓

boxing.hatenablog.jp

 両選手はいずれもWBCの上位にランクされていますので、何とかこのクリンチマンをKOしてほしいですね。