わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

さあ、河野公平VS亀田興毅の詳細です

▼最新記事

f:id:stonemeintothegroove:20151017222634j:plain

 (出典:テレビ東京さん、ありがとうございま す!)

225.このレフリーなんか変!

 

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ in シカゴ

河野公平VS亀田興毅

 

こんなにすぐ減点を取るレフリーは珍しいです。

試合を中断して、注意する場面も多すぎます。この試合に限ってはレフリーがいない方がよかったような気がします。

都合3ポイントも減点されるほどダーティーな試合とは思えません。

私なら、このレフリーに減点です!

ダウンと減点がすべて

2ラウンドの亀田のボディ攻撃は、解説の内山高志も認めるほど河野にダメージを与えました。しかしこの後の追撃はローブローと判定され、河野に休憩を与えられます。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151017222709j:plain

ボディが効いた河野チャンピオン

これは、亀田にには痛い裁定でした。

しかもこの後、タイミングのいい右ストレートをもらい、ダウン。

 

 f:id:stonemeintothegroove:20151017222819j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151017222742j:plain

関係ない話ですが、このダウンはチャンピオンが興奮しすぎて、逆に倒れた亀田の方が冷静だったのがおかしかったですね。

 

3ラウンドの亀田の2度の減点は不可解でした。会場からもブーイングが出るほど、「これですぐに減点?」と思うほど、しかも2度も。確かに低いブローでしたが。f:id:stonemeintothegroove:20151017222842j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151017223130j:plain

中盤から河野と亀田のパンチ力差がでた

この日の亀田は、予想に反して打ち合いに応じてきました。

お互いパンチの交錯する結構激しい打ち合いでしたが、やはりパンチの威力は河野が勝っていたようです。

コンパクトにパンチを打つ亀田に対して、応戦する河野の右ストレートの方が効果的だったように思います。

不可解な7ラウンドのレフリー

なぜか7ラウンドにレフリーは試合を中断し、リングサイドの誰かと相談?協議?

「また減点か?」思いましたが、試合再開のの際に、「クリーンファイト」みたいなことを言っていたように思います。

これに対して河野が「クリーン!」とかなんとか言っていたのは、河野の人の良さが出ていて面白かったですけど、なぜ長時間試合を中断したのかは不明です。

そしてまた減点

9ラウンドに今度は河野が減点を取られました。上から押したようなジェスチャーでしたが、減点するほどの行為とは思えません。

こんなことで減点をすぐとるレフリーは初めて見ました。

 

f:id:stonemeintothegroove:20151017223149j:plain

今度は河野が減点

 

こいつ、やっぱり変です。

一進一退

後半はやや河野が押していたようですが、展開としては一進一退で、両者とも完全にペースを握れないまま12ラウンドを終えました。

とにかく亀田は最後まで下がらず打ち合いに応じていたのが、予想外の展開でした。

f:id:stonemeintothegroove:20151017223213j:plain

これが亀田のベストパンチ(9ラウンド)

打ち合えば河野が絶対に有利で、KOチャンスも十分あると思いましたが、意外と亀田もしぶとかったですね。

 

私の採点は3ポイント河野の勝ちとしましたが、公式ジャッジは、一人を除いて完全に河野を支持していました。

いずれにしても3ー0で河野の明確な防衛。

亀田はこの試合を最後に引退を表明しました。