わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

大阪でも見られますよ! 河野公平VS亀田興毅

▼最新記事

214.さあみなさん、亀田興毅ですよ

WBA世界Sフライ級タイトルマッチ(日本時間10月17日)

河野公平VS亀田興毅

 

私は、亀田が子供の時からテレビで見ています。あの親父がピンポン玉をぶつけて、それを巧みに避ける亀田興毅を何度も見ました。

この子が本当にボクシングで大成するのかな~と思いながら見ていたような気がします。

そして、まさかその子がプロでデビューするとは思いもよりませんでした。

ボクサー亀田興毅の世界 (白夜ムック (224))

たしかデビュー戦のファイトマネーが1000万円だったような。もしかして誰か別の人と勘違いしているかもしれません。

とにかく、テレビで見ました。(2003年12月)今から思えば相手はタイの観光ボクサーでした。

そしてなんと8試合連続、タイ人と対戦しています。確かにこのころにKOを量産しています。それでもボクシングスキルは高いレベルにあったと思います。

亀田がおかしくなったのは、同じくタイのポンサレック・ウォンジョンカムに負けてからですね。結構パンチをもろにもらい、自慢のディフェンスに陰りが見えるとともに、被弾するのを極端に怖がるようになったような気がします。

 

素人評論家の間では亀田の判定勝ち

確かに河野はボクシングは不器用で、撃ち合ってうまくカウンターがタイミングよく当たれば倒す力を持っているものの、攻めは単調で、アウトボクサーには自分からせめて倒す力もテクニックもありません。

 

河野の試合を見ているファンは、そのあたりのことをよく知っています。

だから結構、亀田の中差の判定勝ちを予想する人が多いようです。

一般のファンには意外かもしれませんが、河野の実力だけを考えれば当然の予想だと思います。

 

問題は亀田の今の実力

昨年11月、久しぶりに同じシカゴで復帰戦をしていますが、相手はタイの観光ボクサー並みというのが専らの評判です。

まあSフライ級の試運転にはなったでしょうけど、KO勝ちしたからと手放しで評価できるものではありません。

私がどうしても気にかかっているのは、韓国での最後の防衛戦です。

亀田らしい動きをしたのは序盤だけで、回を追うごとに相手のしつこい攻勢に手を焼き始め、「亀田ってこんな弱い選手だったかな?」と訝しむほど不本意なボクシングで、結局最後まで泣かず飛ばすで終わりました。

 

ひょっとして晩年の辰吉? 

仮にこの試合が亀田の実力なら、もう世界ランカーのレベルどころか、日本ランカーにも及ばない、もしかしたらパンチドランカーに近い状態かもしれません。

37歳のボクサー定年を無視して、タイで試合をした辰吉丈一郎さんは、見るも無残な試合をしていました。往年のテクニックはあっても、パワーもスピードも全盛期とは程遠いものでした。

「もうやめてくれ~」と悲鳴を上げるほどでしたね。

 

そうです、亀田もこの状態に近いのではないかと思えるのです。まじで。

それなら河野でも後半には必ず捕まえてKOするのではないかと。

いや、もっと早い回に決着をつけるかもしれませんね。

こうなると、亀田がどこまで往年の実力をキープできるかで、KOラウンドが決まります。

 日本で見られます

 

試合は日本で見ることができるらしいですよ。もちろんライブではありませんが。

テレビ東京(10月17日午後7時54分)ですから大阪だとテレビ大阪。亀田の試合が2年ぶりに地上波に登場します。しかもアメリカからの衛星中継です。テレビ東京さんやりますね~

 

日本人同士の試合がなぜ日本でできないのか、ホントに不思議で仕方がありません。

少なくとも亀田は、どこかの大阪帝拳のボクサーみたいに犯罪を犯してはいませんよ。

私には亀田の何が悪いのかわかりません。

私はリング外の騒動にには全く興味がありませんので。

ボクサーを評価するのはリング内でのパフォーマンスだけですよ。

JBCはボクシングファンをなんと思っているのでしょうか。

きっとボクシングファンをなめているのでしょう。アホか!

 

boxing.hatenablog.jp