わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

左さえ当たればいい!アドニス・スティーブンソンVSトミー・カーペンシー

▼最新記事

212.やっぱり左!アドニス・スティーブンソン

 WBC世界Lヘビー級タイトルマッチ

アドニス・スティーブンソン(カナダ)VSトミー・カーペンシー(アメリカ)

f:id:stonemeintothegroove:20151009192542j:plain 

f:id:stonemeintothegroove:20151009192618j:plain

(出典:WOWOW)

浜田剛史さんいわく「スティーブンソンはとにかく左さえ当たればいい!というボクシング」。

ですから、それが当たらなければ、ボクシングはもちろん「空回り」します。

前回のサキオ・ビカ戦でもその傾向が少し見られました。

ステーブンソンの場合、空回りするとスタミナを極端に消耗し、失速する懸念があります。

そのケースの典型はフォンフォラ戦ですか。でもこの時は肝心の左手を痛めていたらいいですが、かなり後半スタミナを消耗しもたついたようです。

 

カーペンシーの柔らかいボクシングは2分持たず

カーペンシーが柔らかい身のこなしでペースをつかみ、少し強気になりすぎた2分過ぎ、案の定、危惧していたスティーブンソンの左をもらってしまいます。

ダメージを引きずったままのカーペンシーがなんとか持ち直しかけ、またまた強気に打ちに行った2回終了間際に、左のタイミングをつかんだスティーブンソンの、今度は強烈な左がヒットしてしまいます。

f:id:stonemeintothegroove:20151009192748j:plain

(出典:WOWOW)

このダウンに、実況アナウンサーが思わず「これはダメかもしれない」。

 

ゴングに救われたカーペンシーですが、3回は余分でしたね。ダメージが抜けきれないカーペンシーにスティーブンソンが容赦ない連打を浴びせて、またもやダウン。立ち上がったもののダメージが深くレフリーがストップしました。

 

やっぱり左でした。浜田さんが「わかっちゃいるけど喰ってしまった」。この試合を見事に表現した言葉ですね。

 f:id:stonemeintothegroove:20151009192908j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151009192858j:plain

(出典:WOWOW) もうとにかく左、左です

さて、コバレフ戦です

飯田さんが「みんなが期待するカードですよね」。という通り、誰もが認めるLヘビー級最強のセルゲイ・コバレフの一番のライバルがスティーブンソンです。

スティーブンソンの「これしかない左」が当たれば、さすがのコバレフも危ないシーンが訪れるでしょうが、なんだか「空回り」しそうな気がします。

私は、アルツール・べテルビエフの方が面白いと思います。

 

ベテルビエフの前戦 ↓

 

boxing.hatenablog.jp