わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ちょっと物足らない次期スーパースター候補 エロール・スペンスVSクリス・バン・へーデン

▼最新記事

 

211.世界ランカー相手に少してこずる エロール・スペンス

 

ウェルター級10回戦(2015年9月11日)

エロール・スペンス(アメリカ)VSクリス・バン・へーデン(南アフリカ)

 

WBA世界ウェルター級10位にランクする次期スーパースター候補スペンスが、IBF世界7位のバン・へーデンを相手に10回戦を行いました。

バン・へーデンは、25戦23勝12KO1敗1分、パンチ力はなさそうですが、一筋縄ではいきそうにない、しぶとさを感じさせるボクサーです。

17戦全勝14KOのスペンスとしては、ここはスカッと倒して存在感をアピールしたいところです。

f:id:stonemeintothegroove:20151008124114j:plain

 f:id:stonemeintothegroove:20151008124123j:plain

(出典:WOWOW)

序盤から完全にスペンスのペース

スペンスの速いワンツーがきれいに決まり、2回には早くも右ボディで明らかにバン・へーデンは腰が引けました。

3回に少し力を込めてパンチを打ち込み、倒しにかかります。バン・へーデンはボディが完全に効いてしまって、もうKOは時間の問題かな、と思わせます。

しかし、さすが世界ランカー。状態を柔らかく使い、スペンスのパワーパンチをうまく殺して、決定打を打たせません。

攻めあぐむスペンス

序盤の様相から、早い回のKOも期待されましたが、力強いパンチながら、力みすぎて切れを欠き、逆に5ラウンドはバン・へーデンに攻め込まれるシーンもありました。

飯田覚士さんはこのラウンド、へーデンにポイントを与えました。

前回のフィル・ロ・グレコ戦でも感じたのですが、倒しに行く姿勢はいいものの、どうしても力みすぎる嫌いがあるようです。力みすぎると体が硬くなって、カウンターをもらうと結構危険だな、と。

 

( 前回の試合 ↓   )

boxing.hatenablog.jp

 

 

バン・へーデンも我慢の限界が来る

あれだけボディから上への返しでパンチを受け続けていれば、しぶといへーデンもさすがにダメージが蓄積していたようです。

7回のダウンは、スペンスの打ち下ろしの左が効いたというより、力尽きたようなダウンでした。追い打ちのボディはかなり応えたようです。

f:id:stonemeintothegroove:20151008124158j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151008124217j:plain

出典:WOWOW)  このボディは効いた!

 

この回、2度目のダウンは、「もう立てないかな」と思いましたが、いや~しぶといですね。

しかし、8回にスペンスのパンチでサンドバック状態になったときは、さすがにレフリーが止めました。

f:id:stonemeintothegroove:20151008124355j:plainf:id:stonemeintothegroove:20151008124400j:plain

(出典:WOWOW)

 

スペンスは、ちょっと次期スーパースター候補としては物足りませんね。

このクラスで世界を狙うにはもう少し時間がかかりそうです。でもアミール・カーンなら勝てそうな気がします。

ショーン・ポーターはちょっとしんどいかな。

 

(偏見だらけの戦闘能力・ウェルター級編、まだ何人か抜けてます。申し訳ありません)

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
ウェルター フロイド・メイウェザー 6 10 10 10 10 6 52
ウェルター マニー・パッキャオ 8 10 7 9 7 10 51
ウェルター ショーン・ポーター 6 8 9 9 9 9 50
ウェルター ダニー・ガルシア 7 8 8 7 7 7 44
ウェルター エロール・スペンス 7 8 8 6 6 8 43
ウェルター アンドレ・ベルト 8 8 8 6 4 8 42
ウェルター ポール・マリナッジ 2 8 8 7 7 7 39
ウェルター アミール・カーン 5 9 8 7 5 5 39
ウェルター クリス・バン・へーデン 5 6 7 7 7 7 39