わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

遠い世界へ~日本Wタイトルマッチ 小國以載&高山樹延

▼最新記事

209.第541回ダイナミックグローブ

 

日本Sバンタム級タイトルマッチ(2015年9月30日)

小國以載VS源大輝(日本6位)

f:id:stonemeintothegroove:20151006162944j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151006163000j:plain

(出典:日テレG+)

 

日本ウェルター級タイトルマッチ

高山樹延VS田中亮治(日本9位)

f:id:stonemeintothegroove:20151006162844j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20151006162853j:plain

(出典:日テレG+)

遠い世界へ~小國

小國は一応、WBC6位、IBF10位にランクされているから驚きです。

この程度の挑戦者を圧倒できずに、どうして世界ランカーなのか不思議で仕方がありません。

でもまだ前回引き分けで防衛した時よりは、はるかに出来は良かったと思います。

f:id:stonemeintothegroove:20151006163032j:plain

(出典:日テレG+)時折いいパンチがヒットするのですが

 

挑戦者の源はハードパンチだけが売り物の、大振りパンチャーです。避け勘はいいものの、当て勘は最低です。

 

2回に、早くもその大振りパンチを見切った小國は、さすが格が違うと感心しました。

右ストレートをカウンターで決めたときは、KOの予感もしましたが、そこからの攻めが単調で、源にパンチを見切られる始末です。

小國のワンツーが当たらなくなり、パンチの精度が悪くなるは、手数は減るはで、当たるのはボディブローだけ。時折いいパンチをヒットさせますが、あとが続きません。

源はボディが効いてしまい、ガードが下がる、腰が引ける、で持ち前の強打も不発。

せっかくの強打も当たらなければ話になりません。

 (例によって、戦闘能力比較)

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
Sバンタム 小国以載 5 6 8 8 7 5 39
Sバンタム 源大輝 7 5 6 7 5 6 36

私の採点は4ポイント差で小國。ジャッジもほぼ同じような採点でした。

もっと手数を増やすことと、多彩な攻めのバリエーションを持たないと、世界では全く通用しません。

東洋太平洋チャンピオンの和氣慎吾とは大きな、埋めようのない差がありますね。

全く才能なしの高山

日本のウェルター級のレベルはホントに低いですね。

このタイトルマッチはとにかくクリーンヒットがないし、お互いに手数が極端に少ないので、10ラウンド見るのが苦痛なぐらい退屈な試合でした。

チャンピオンの高山はボディブローぐらいしか当たらないし、あとは両手骨折したのかと思うほど手数が少ないですから、よくこんなんで22勝1敗なんて戦績を残せたのが、とても不思議です。

挑戦者の田中は「やりくそう」と思っただけで、ミドル級の柴田明雄をかなり下手にしたような選手です。ボクサーとしての魅力はゼロですね。

私の採点は3ポイント差でチャンピオンの防衛です。正式ジャッジも同じような採点でした。

(独断と偏見の戦闘能力比較)

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
ウェルター 高山樹延 4 6 5 7 7 2 31
ウェルター 田中亮治 3 5 3 7 8 2 28