わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

もうあと2週間ですよ!ゴロフキンVSレミュー&ロマゴンVSビロリア

▼最新記事

 

208.WOWOW生放送にゴロフキンとロマゴンが登場

 

WBA世界ミドル級スーパータイトルマッチ(10月18日)

ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)VSデビット・レミュー(カナダ)

 

WBC世界フライ級タイトルマッチ(10月18日)

 ローマン・ゴンザレス(ニカラグア)VSブライアン・ビロリア(アメリカ)

 

これが日本で生放送で見られるなんて、ホント、WOWOW様様ですよ。

それにしてもすごい共演です。(2015年5月に引き続き2回目ですよ!この時はWOWOWオンデマンドで生放送)

今やパウンドフォーパウンド世界一を争う2人が同じ日に試合をするなんて、いやーもったいない。

まずゴロフキンVSレミュー

    ゴロフキン        レミュー

年齢    33歳        26歳

身長    179㎝       177㎝

リーチ   180㎝       178㎝

アマ戦績 350戦345勝5敗  なし

プロ戦績 33戦33勝30KO  36戦34勝31KO2敗

タイプ  右ボクサーファイター  右ファイター

 

 

f:id:stonemeintothegroove:20151005131020j:plain

(出典:WOWOW) ゴロフキンの強烈な左フック

f:id:stonemeintothegroove:20151005131046j:plain

 (出典:WOWOW) 終盤失速したレミュー

 

例によって 私の身勝手な戦闘能力比較

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
ミドル ゲンナディ・ゴロフキン 10 8 9 8 8 9 52
ミドル デビッド・レミュー 8 8 7 7 7 9 46

 

 実は展開が読めないんですよ。

たぶんレミューが初回からアグレッシブに攻めると思いますが、ゴロフキンも下がるタイプではないですからね。さて、プレッシャーの掛け合いになるとどっちに軍配が上がるのか

レミューとしては早い回に勝負に出ないと、勝ち目はないでしょう。ボディを攻めれば面白い展開になりそうです。

レミューが唯一KO負けしている相手が、2011年4月に対戦したマルコ・アントニオ・ルビオです。ゴロフキンは2014年10月に2回KO勝ちしています。

時期が離れているので。単純比較はできませんが、レミューに有利な材料でないことは間違いないです。

順当ならもちろんゴロフキンのKO勝ちですが、前回のゴロフキンのもたつきが気なります。レミューにも十分チャンスがありますよ。面白いですね~

ロマゴンVSハワイアンパンチ

    ロマゴン        ビロリア

年齢    28歳       34歳

身長    159.5cm      163cm

リーチ   163cm       165cm

アマ戦績 87戦87勝     世界ボクシング大会優勝(1999)

プロ戦績 43戦43勝37KO  42戦36勝22KO4敗2NC

タイプ  右ボクサーファイター    右ファイター

 

f:id:stonemeintothegroove:20151005131100j:plain

(出典:WOWOW) ロマゴンの右アッパー、これぞアンパンチ?

 

私の身勝手な戦闘能力比較

階級 選手 パンチ力 スピード テクニック スタミナ 打たれ強さ アグレッシブ
フライ ローマン・ゴンザレス 10 8 9 9 9 10 55
フライ ブライアン・ビロリア 7 8 8 7 7 8 45

 

 

こちらはローマン・ゴンザレスが何ラウンドに倒すか、そこに焦点が絞られる対戦です。

ビロリアは2013年4月にファン・フランシスコ・エストラーダに判定負けしてからは、手応えのある相手と試合をしていません。

方やロマゴンは、常に世界のトップと対戦しているわけですから、その差は歴然としているでしょう。

ビロリアの仕上がり具合にすべてがかかっています。

ハワイアンパンチ~届くかな?ロマゴンのアンパンチに負けそう!