わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

日本人ボクサーの戦闘能力を検証する 井岡一翔、高山勝成、原隆二

▼最新記事

※この記事は2015年9月時点のものです。

最新の日本人最強ボクサー予想はこちら

 

 

 

とりあえず井岡一翔高山勝成、原隆二の戦闘能力から

 

一大企画として主な日本人ボクサーの戦闘能力を50音順に並べて比較してみようなんて、ショーもないことを考えています。

後で整理するとして、まずは直前に迫ったタイトル戦の3人をもう一度じっくり検討することにします。

戦闘能力比較1 WBA世界フライ級タイトルマッチ

 

井岡一翔 18戦17勝10KO1敗(21P)

パンチ力  ★★★

スピード  ★★★★

テクニック ★★★★

スタミナ  ★★★★★

打たれ強さ ★★★

アグレッシブ★★

 

ロベルト・ドミンゴ・ソーサ 29戦26勝(14KO)2敗1分 (21P)

パンチ力  ★★

スピード  ★★★

テクニック ★★★★

スタミナ  ★★★★

打たれ強さ ★★★★

アグレッシブ★★★★

 

アグレッシブを追加すると同点になってしまいます。

要するに勝負のカギは井岡のアグレッシブ、つまり積極性や手数、ということになりそうです。相手との駆け引きやカウンターなどの危険を承知で、積極的に撃ち合えば勝てるわけですよ。ファンも喜ぶしね。

この試合で、明確な勝利を得られなければ、ファンに見放される、という危険も考えてください、井岡選手!

 

戦闘能力比較2 IBF世界ミニマム級タイトルマッチ

 

 

高山勝成 37戦29勝(11KO)7敗1無効試合(22P)

パンチ力  ★★★

スピード  ★★★

テクニック ★★

スタミナ  ★★★★★

打たれ強さ ★★★★

アグレッシブ★★★★★ 

 

原隆二 20戦19勝(11KO)1敗 (21P)

パンチ力  ★★★

スピード  ★★★★

テクニック ★★★★

スタミナ  ★★★

打たれ強さ ★★★

アグレッシブ★★★★

 

高山がいつもの「ハリケーン連打」を初回から打ちだしたら、原のスピードとテクニックも完封されてしまうでしょう。

原が勝つためには、自分の距離を出来るだけ早くつかみ、そこからの出入りのスピードで対応することがポイントになります。

どちらがペースを早くつかむか、が勝敗の割れ目になるでしょう。

終盤までもつれたら、高山のスタミナとアグレッシブさが、原を上回るというのは誰もが予想する、一致した意見です。

 

参考までに、最強の井上尚弥の戦闘能力

WBO世界Sフライ級チャンピオン 8戦8勝7KO(25P)

パンチ力  ★★★★★

スピード  ★★★★

テクニック ★★★★★

スタミナ  ★★★

打たれ強さ ★★★★

アグレッシブ★★★★

 

難しい~!とりあえず25Pということで、これはあくまで仮の戦闘能力ということで、また、他の選手とのバランスで再考したいと思います。