わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

世界ランカーをKO 尾川堅一

▼最新記事

199.まさかKOするとは思いませんでした

 

f:id:stonemeintothegroove:20150923133733j:plain

Sフェザー級10回戦(2015年9月22日)

尾川堅一VSデイビ・フリオ・バッサ(コロンビア)

■山中慎介チャンピオンのセミファイナル

スカッと勝ってチャンピオンにつなげる、という役割を期待以上の結果で果たしました

私は例によって、You Tubeでしか見ていませんので、「講釈師、見てきたような~」速報になってしまいますが、お許しください。

しかも見たのは10ラウンドだけです。

私の予想記事は

 

boxing.hatenablog.jp

 

 

■まさかKOするとは

3回、デイビ・フリオ・バッサ(左)の顔面に左ストレートを放つ尾川

(出典:デーリースポーツ)(これ以上ないタイミングの右ストレートがさく裂)

 

ネットの記事によると、9回までは一進一退の接戦だったようです。

相手は無敗の世界ランカーですし、アマチュア経験も豊富と聞いています。テクニックで圧倒するのは困難だとは思っていました。

10ラウンドを見る限り、パワーやフィジカル面では尾川に分があったように見えました。

ただ、バッサはサウスポーだったので、これはかなりやりにくかったのでは、と想像出来ます。

 

常に前に出てプレッシャーをかける尾川に対して、下がりながら左のカウンターから返しの右フックを狙っているバッサ、という構図がどのぐらい続いたのかわかりませんが、10ラウンドに限って言えば、尾川の右ストレートは距離が合ってきてる感じがしました。(まあ結果を知っているから言えるのかもしれませんが

 

そして2分過ぎ。尾川が左右の連打でバッサをロープに詰め、下がって逃げるバッサに右ストレートがジャストミート。もう図ったような見事なタイミングの右ストレートで、バッサがばっさり倒れ、レフリーがすぐにストップしました。

 尾川の詳細記事 ↓

boxing.hatenablog.jp

 

■さて次は

最終回にKOするとは、スター性抜群ですね。しかもこれで8連続KO勝ちです。

次も世界戦の前座で試合を組みましょう!

今度は山中慎介も神の左でKOするでしょうから、余った時間で放映される可能性は十分ありますよ。

次は日本チャンピオンの内藤と対戦希望とのこと。内藤律樹の父はあの「カシアス内藤」ですから、話題性は十分です。

問題は、内藤が階級を上げた場合です。そうなると仲村正男との王座決定戦になるでしょう。こちらはちょっとインパクトが弱いかな~

私は個人的には金子大樹にもう一度チャンスを!(あの内山高志からダウンを奪ったシーンが忘れられないのですよ)