わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

【徹底検証】勝ってよかった山中慎介VSアンセルモ・モレノ

▼最新記事

f:id:stonemeintothegroove:20150922214203j:plain

 198.とにかく勝ったらええねん!

 

WBC世界バンタム級タイトルマッチ

山中慎介VSアンセルモ・モレノ(パナマ)

 

試合が終わって正直に思いました。「とにかく勝って良かった」。

モレノは予想をはるかに上回るやりにくい相手でした。

 

■当て辛い

 まさかこんなにやりにくい相手とは、ホントに予想をはるかに上回っていました。二度とやりたくない相手ですね。(私がやるわけではないですけど)

 

2ラウンドぐらいに、解説の飯田覚士さんが「山中の足のリズムが止まっていますね」。どうもいつもの山中のボクシングが出来ていないようです。

 

モレノは、こんにゃくみたいに状態を柔らかく使うが、それでも油断なく右を打ってきます。

ジャブがいいとかディフェンスがすばらしいとか、そういうものは何にもないのに、山中は全くいつもの右ジャブも当然左ストレートも当たりません。

 

 ■4ラウンドまでは山中 

 それでも、4ラウンド終了時の公開採点は山中がリードしていました。

「まあこの調子ならなんとか判定で勝てそう」と思ったのは甘かったですね。

 

9ラウンドにモレノの右がクリーンヒット、しかもカウンターで決まったので、さすがにパンチ力のないモレノでも、山中の足がばたついてちょっと「ひやっと」しました。

f:id:stonemeintothegroove:20150922215833j:plain

これは予想していませんでしたからね。でもモレノもこれが限界でしょう。

 

■そして8ラウンドで逆転

 1-0でモレノが若干有利になってしまいました。山中が完全に攻めあぐねているのに対し、モレノはどうやら自分の距離でペースを握りつつある、とは感じはしていました。それが採点につながっていました。

 

「この4ラウンドで逆転されたのでは、これまでの流れを考えるとピンチ!」と。まさかの不安がよぎりました。

さすがの山中もいつもの冷静さを失っていました。それを見ている方はホントに不安になりますよ。

 

■私の採点はドロー

 終盤にになると、もう試合内容はどうでもよくなり、山中が勝つかどうかだけが焦点になってきました。

私の戦前の予想がこれほど見事に当たったのは久しぶりです。「山中の防衛戦で最低の試合になる」が見事に当たりました。こんな予想は当たらなくてもよかったんですけど。

 私の見事な予想はこちら

boxing.hatenablog.jp

 

10ラウンドだけようやく山中の見せ場がありましたが、モレノはクリンチが上手い。

f:id:stonemeintothegroove:20150922220202j:plain

むしろここまでモレノのクリンチが見られなかったのは、山中の攻撃が完封されていた証拠とになるのでしょう。

 

私の採点はドローでしたが実は「負けたな」と思いました。

 

■ホントに勝って良かった

全く不完全燃焼の試合でしたが、不思議と「勝って良かった」と思いました。

また、山中の神の左をテレビで見れる!と思えば、たまにはこんな試合も仕方がないかな、それが試合が終わった正直な感想です。

おそらく「山中が負けていた」という意見が多数コメントされるでしょうが、モレノが絶対に勝った、というほどのボクシングをしていないのは間違いないです。こんなボクシングで勝とうなんて、それは詐欺です。モレノのボクシングは最高で引き分け、それ以外は負け、という0勝ボクサーだと思います。

 

次は頼みますよ!山中チャンピオン~

 

そして、

モレノ!引退してくれ、お願い、お前みたいなボクサーは嫌いです。アムナット・ルエンロンの次に嫌いです。

これについてはコメント不要です。嫌いなものは仕方がないですからね。私はただのショーもないボクシングファンですから。