読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わしのボクシングブログ|わしボク

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

※このたび、ブログURLをhttp://www.boxing-blog.comに変更いたしました。お気に入りにご登録頂いている方はご変更のほどお願いいたします。

デビュー戦の相手が世界ランカー 丸田陽七太

ボクシング・マッチメイク予想

▼スポンサーリンク

▼最新記事

大丈夫か?いきなり世界ランカーが相手

 

f:id:stonemeintothegroove:20150919141919j:plain

(超イケメンボクサーです。)

丸田陽七太(18)VSジェイソン・カノイ(25:フィリピン)2015年11月22日

(大阪住吉スポーツセンター)

■丸田はまだ現役の高校生(関大北陽高校3年)

丸田の主な記録は次の通りです。

 

アマ戦績 55勝11敗

2013年、2014年高校インターハイ準優勝

2013年アジアジュニア選手権ライトバンタム級銅メダル

 

これって私はそれほどすごいと思わないんですけどね。

過去に高校3冠とか高校6冠(粟生隆寛や井岡一翔は高校6冠でした。)なんていう、もっとすごい選手がいっぱいいたと思います。

 

ちなみに、5戦目で世界タイトルを奪取した田中恒成は高校4冠です。

1年で国体優勝、2年でインターハイ優勝、国体2連覇、さらに選抜も優勝し高校4冠。アジアユースでも銀メダルと獲得しています。

アマ戦績も、51勝13KO5敗、でこれも丸田の数字をはるかに上回っています。

しかも、田中はミニマム級です。こう言ってはなんですが、バンタム級より世界的には選手層が薄いと思います。田中もでデビュー戦で世界6位と対戦し判定勝ちしていますが、バンタム級は選手層がかなり厚いですからね。

 

■ジェイソン・カノイはドネア?

 戦績 31戦24勝18KO5敗2分

IBF世界バンタム級12位

 

2015年5月に、カノイがドリアン・フランシスコを1ラウンドKOした試合をYou Tubeで見ましたが、「これはノニト・ドネアちゃうんか?」と思うほど最初の印象は似ていました。よく見ると「あ~やっぱりカノイか。」

とにかくパワフルに前に出てきますし、構えも結構力みのない柔らかいスマートな感じでホントにドネアそっくりでした右ストレートはかなり強そうです。私が想像していた感じとはずいぶん違いましたね。

 

3回ダウンして失神KO負けしたフランシスコは、2011年にテーパリット・ゴーキャットジムに判定で敗れて、WBA暫定世界Sフライ級王座を失っていますが、それまでは21戦無敗という強豪です。

テーパリットといえば、2012年に河野公平にまさかのKO負けで4度目の防衛に失敗したものの、それまで亀田大毅、清水智信、名城信男がいずれも苦杯を飲んでいます。いわゆる日本人キラーだった強豪です。

この連鎖、いつまでも続きそうなのでこの辺で打ち切ります。

 

とにかくカノイは左フックではなく右ストレートのドネアですね。ラウンドしか見ていませんけど、「強い!」です。

■結論は簡単

たとえ6回戦でも丸田が最後まで立っていることはないでしょう!

 

 ____________________

 

11月22日 追記:予想は大はずれしました・・・。

丸田選手!申し訳ありません。 ↓

 

boxing.hatenablog.jp