わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

手数の少ない井岡一翔が勝てるのか? ロベルト・ドミンゴ・ソーサ戦予想

▼最新記事

(9月28日追記:井岡VSソーサ戦結果の検証記事は下記です)

boxing.hatenablog.jp

 

■井岡の対戦相手はソーサ

f:id:stonemeintothegroove:20150811102721j:plain


WBA世界フライ級タイトルマッチ(2015年9月27日)
井岡一翔VSロベルト・ドミンゴ・ソーサ(アルゼンチン)

ダイレクトリマッチを見送った、前王者のファン・カルロス・レベコ側が送り込んでくる刺客です。


29戦26勝(14KO)2敗1分とまずまずの戦績ですが、最近5試合は2勝2敗1分と意外にぱっとしません。世界ランキングも12位です。

 

これらの材料からは「井岡が楽勝」、と早合点しそうですが、さてどうでしょう。

 


■ソーサの最近5試合を分析


どうやら、もともとはSフライ級で戦っていたようです。直近のランキング表(ボクシングマガジン8月号)を見るとWBOはSフライ級9位、WBCにもSフライ級35位にいました。


帝里木下がIBF世界Sフライ級王座決定戦で判定負けした(2014年3月19日)ゾラニ・テテ(南アフリカ)と対戦して判定勝ちしています。


2012年9月1日、ちょうど3年前ですね。


このあとすぐにIBFの世界Sフライ級の王座決定戦に挑んでいますので、このテテ戦はその決定戦の切符を手に入れるための12回戦だったと思います。


王座決定戦で戦ったのはファンカルロス・サンチェス・ジュニア。この試合で初黒星を喫しています。ちなみに、サンチェス・ジュニアは2013年11月、ゾラニ・テテにKO負けしています。現在WBO世界Sバンタム級2位です。


その後ディエゴ・ルイスという無名の選手に判定負け。(2014年1月14日)


そして2015年3月6日にカルロス・ルーベン・ダリオ・ルイスという選手に判定勝ちしていますが、これが怪しい(詳細は後ほど)。


直近の試合は7月4日、ハビエル・ニコラス・チャコンと引き分けています。
やっぱりぱっとしませんね~。


■ゾラニ・テテ戦


YouTubeで12ラウンドをしっかり見てみました。(採点しながら)


前半はテテのジャブ、右ストレートが試合を支配していました。

どうもソーサはサウスポーが苦手のようです。(ゾラニ・テテはサウスポー、ソーサはオーソドックス)

 

これは地元判定で実際にはテテが勝っていたのでは、と疑問が頭をよぎりました。


ソーサはテテに比べるとかなり背が低いがリーチは長そうで、見た感じはレベコに良く似ています。いかにもアルゼンチンの軽量級のボクサーと言う感じです。


スロースターターなのか6回からようやく前に出てパンチを振りまわしてきます。

 

転機になったのは、ソーサが8回に放ったローブロー。このパンチでテテは膝をつき、しばし休憩をとるほどのダメージでした。

 

私にはそれほど強烈なローブローには見えなかったのですが、とりあえずこのローブローから急にテテの動きが消極的になり精彩を欠いていました。


そうなるともうソーサのペースです。しつこく前へ出て、パンチを繰り出し、前半の失点を挽回しました。スタミナは抜群ですね。私の採点では4ポイント、ソーサの勝ちでした。


■怪しい判定勝ち


もう1試合見ました。それがカルロス・ルーベン・ダリオ・ルイスとの怪しい10回戦です。(2015年3月6日)


ファイタータイプのソーサがルイスのプレッシャーに負けてアウトボクシングをしていました。実は最初、選手を勘違いしていたほどです。


2ラウンドのダウンを奪われたときにもソーサがダウンしたとは思いませんでした。
しかしよく見ると髪型や顔つきが違います。ルイスもいかにもアルゼンチンの選手といった感じだったので、おそらく同国人対決ということなんでしょう。


5ラウンドあたりからようやくスロースターターのソーサが出てきた、と思いましたが、すぐに失速。時折「ナイスボディ!」を打ちますが、全体のペースはルイスが握っていました。


テレビ解説者らしい人がポイントをつけていましたが、これが的確で、ほぼ私の採点と同じ(お前は何者や!)、ルイスの判定勝ちと思いました。


これはきっとソーサの戦績に載っていた、ディエゴ・ルイスに判定負け(2014年11月14日)の事やな。記録が間違っていたのだろう。と。


が、違いました。ソーサの手が挙がったのです。

 

やっぱり記録は正しかったのですね。疑惑の判定勝ちです。


■よくわかりません


ゾラニ・テテとの後半の戦いぶりを見ると、かなりタフでしつこそうですし、スタミナも12ラウンドまで衰えることがありませんでした。


しかし、カルロス・ルーベン・ダリオ・ルイス戦では別人のように精彩がなく、柔らかい身のこなしと、ボディブローぐらいしか見るべきものはないし、いずれにしてもはっきり言えることは、パンチ力はない、ということでしょうか。

Sフライ級で戦ってきた選手とのパワーの差が気になりますが、おそらく井岡が勝つでしょう。

 

最近手数のめっきり少ない井岡ですが、ここは連打でKOしてほしいですね。