わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井上拓真が兄、井上尚弥を目ざし、いよいよ世界へ始動・・・相手はマーク・アンソニー・ヘラルド

▼最新記事

日本人が世界タイトルへ挑戦するためには、日本タイトルか東洋太平洋タイトルを獲得しなければなりません。
井上弟が東洋太平洋Sフライ級王座決定戦に挑むという事は、すなわちいよいよ世界を狙うという事にほかなりません。

 

■相手も強豪

 

相手はフィリピンのマーク・アンソニー・ヘラルド。

23歳で39戦31勝14KO5敗3分の戦績は世界ランカー並みの実力を想定する必要がありそうです。

対戦相手も充実しています。

 

オーレイドン・シスサマーチャイ(元ミニマム級世界チャンピオン)やマクジョー・アローヨ(IBF1位)には判定負けしていますが、日本の向井寛史には2RKO勝ちしています(2013年4月)。

特にアローヨは兄の井上尚弥の防衛戦の相手として名前が挙がっている16戦無敗の強豪です。


■金子の二の舞はやめてね


これに勝てば年内に世界戦も夢ではありません。

 

WBCのカルロス・クアドゥラスかWBAの河野公平がターゲットになりそうですが、河野はけがで亀田興毅との防衛戦が延期になっています。こちらは年内無理そうですし、亀田が勝ったりしたらややこしいことになりそうです。


クアドゥラスは帝拳ジムとプロモート契約しているだけに、こちらの方が実現の可能性が高そうですね。


問題はヘラルドにスカッと勝つことです。(7月6日)

 

と書くと、どうしても思い出すのが、金子大樹です。

 

あっさりジョムトーン・チューワッタナをKOして、再度世界を狙うためのステップの予定が、「あちゃ~」の判定負け、しかも完敗でした。

その記事は↓です。

黄信号、金子大樹! - わしはボクシングマニア

 

■クアドゥラスには勝てそうな気が…


クアドゥラスは意外と老獪なボクシングをします。相手の戦力を見切り、負けないボクシングを展開しますので、一筋縄ではいかないでしょうが、ボディはねらい目です。


パンチを殺すのが上手いので、顔面で倒すのは難しいでしょうが、それほど怖いパンチはなさそうですので、早い回からボディ狙いで、スタミナを削る作戦でいけば勝機はありそうです。

 

 


でも、最近の私の予想はことごとく外れていますので、当てになりませんね~。。。

 

 

 

下手したら、ヘラルドにも負けたりして…
最近のフィリピン選手はとにかく強いし、戦績以上にパンチ力があります。井上弟の真価が問われる一戦になりそうです。

f:id:stonemeintothegroove:20150622132326j:plain


■お詫び


前回のミゲール・コットの世界戦で、契約ウエイトをSウェルター級の154ポンドと書きましたが、157ポンドの間違いでした。
ボクシングマガジン7月号を読んで、気が付きました。申し訳ありません。

ボクシングマガジンと言えば、7月号でまたメイウェザーVSパッキャオの使いまわしの記事をカラーで6ページも割いていました。(もちろん読んでいません。興味ありません)


ボクシングファンを馬鹿にするのもいい加減にしてほしいですね。

こんなポンコツ試合を2か月にわたって記事にするとは、正気の沙汰とは思えません。

 

もう年内はこの二人の記事は一切いりません。飽き飽きしました。げっぷが出そうです。