わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

岩佐亮佑、まさかまさかのKO負け! VSリー・ハスキンス

▼最新記事

■WBO世界バンタム級王座決定戦(イギリス6月13日、日本時間6月14日午前6時)
岩佐亮佑VSリー・ハスキンス

 

朝起きて真っ先にYAHOO!を見ました。

 

「えっ! KO負け? なにそれ」

 

私は、結構自信を持って、岩佐のKO勝ちか大差の判定勝ちを予想していて、負けるにしても小差の判定負けはあるかな~ぐらいに思っていただけに「ショック~!」

 

ちなみにリー・ハスキンス戦の予想記事は下記です。

岩佐亮佑、ついに世界へ!・・・VSリー・ハスキンス - わしはボクシングマニア

 

こちらは試合結果の検証記事です。

岩佐のKO負けをじっくり検証 - わしはボクシングマニア

 


私の心に、内山高志がKO負けしたぐらいのダメージが残って、昨日はとてもブログを書く気がしませんでした。


■まったく力を出せずに終わった

f:id:stonemeintothegroove:20150615225323j:plain


イギリスは今ボクシング人気が高まっていますから、すごい熱気の会場で、岩佐はリング上で舞い上がって、自分を見失ってしまったのでしょうかね。
とにかくまったくいいところなく、変則ボクシングのハスキンスのペースに巻き込まれて、気が付いたら倒れていた、てなところでしょう。
ハスキンスはユーチューブで2回見ただけですが、強いという感じはなく、変則だが平凡な能力、パンチ力もない、と見切っていました。
そんな相手に6回KO負け! ありえない、ありえませんよ。


■やっぱり距離感

岩佐は序盤から、全く自分の距離をつかめなかったようですね。あれだけ当て勘のいい岩佐のパンチが当たらないのですから、慌てたでしょう。この辺りはまたCS(7月4日)で確認してみることにします。


前回のブログにも書きましたが、山中慎介とか内山高志はこの距離の測定が早いですね。
自分のパンチが当たる距離、相手のパンチが当たる距離、どの距離で戦えば危険か、安全か、有利か、いかに早くこれを見切るか、見切れるか、これがどうやら一流ボクサーになる重要な課題だと思います。


■Sバンタム級へという手も

岩佐は打たれもろい、という最大の弱点を抱えています。これを解消するにはやっぱり階級を上げて、フィジカル面でパワーアップするのが、一番近道ではと思います。
オスカー・デラホーヤは階級を上げていくにしたがって、耐久性が増していました。


最初のSフェザー級の時は、よくダウンしていましたが、階級を上げてそれがなくなっていました。これがすべてに当てはまるとは思いませんが、可能性はあります。
幸い、岩佐は手足が長いので、階級を上げてもパワーアップすれば十分戦えます。


とにかく、もう一度だけ世界へチャレンジしてほしいですね。
再起戦は、日本Sバンタム級チャンピオンの小國以載あたりがいいともいます。
岩佐なら十分KOできる相手です。それか、タイの観光ボクサーで調整しますか?

甦れ! 「イーグルアイ」