わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

田中恒成VSフリアン・イエドラス・・・次戦は高山勝成と対戦か!?

▼最新記事

■WBO世界ミニマム級王座決定戦(5月30日)

関西で生放送がなかったので、CSで6月6日に録画をみました。
田中の知名度から考える仕方がないでしょうね。愛知県では中京の怪物ということで、かなり有名だったようですが、さすがに全国区となると厳しいでしょう。

f:id:stonemeintothegroove:20150608165314j:plain

■もっと楽に勝つと思った

ミニマム級の選手層から考えて、破壊力のある選手はそれほどいないだろうから、王座決定戦なら、私のような悲観的な性格のファンでも、勝つのは間違いないしKOするかもしれない、なんて高をくくっていましたが、イエドラスもなかなかしぶとかったです。

 

2回に得意の右ストレートでぐらつかせ、優位に試合をコントロールしていましたが、5回にコンビネーションで攻めたてたのは、かなり無理して攻撃している感じがしました。
倒しに行ったのかもしれませんが、イエドラスは予想以上にタフです。


■後半失速?

5回にスタミナを使ったせいで、6回にはイエドラスのしつこくてパワフルな攻撃にあい、一気に後半が不安になってきましたね。
7回あたりの田中は明らかに失速気味で、ボクシングが雑になっていました。
戦前の予想でも不安視されていたスタミナですが、田中は8回あたりからボクシングを切り替え、スタミナをロスしない戦法で、イエドラスの手数の多い攻撃をうまくかわしていました。


■無難な判定勝ち

私の採点でも2ポイントはリードしていましたし、ジャッジ2人は6ポイント差。後半のイエドラスの攻勢をとるか、田中の的確なパンチをとるかでずいぶん違ってくるでしょうが、私は、後半はややイエドラスに分があったと思います。
いずれにしても全体的には、物議をかもす微妙な判定ではなかったでしょう。


■今後の田中

IBF王者の高山勝成がオファーを出しているようですから、なるべく早く対戦することをお勧めします。


高山よりイエドラスの方が強いと思いますので、引退への引導を渡して、ライトフライへ階級を上げましょう。高山をKOすれば、かなり知名度はアップしますよ。


ライトフライ級には宮崎亮がいますね。このあたりの名前の通った選手との対戦をこなして、関西の地上波に早く登場してほしいものです。