わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

田中恒成デビュー5戦で世界一! 最短記録更新・・・VSフリアン・イエドラス

▼最新記事

■田中恒成最短記録更新

f:id:stonemeintothegroove:20150531212216j:plain

WBO世界ミニマム級王座決定戦

フリアン・イエドラスVS田中恒成

 

注:この記事では観戦記はありません。観戦記はこちら↓

田中恒成VSフリアン・イエドラス・・・次戦は高山勝成と対戦か!? - わしはボクシングマニア

 

デビュー5戦目でWBOミニマム級世界王座を獲得し、井上尚弥の6戦目を抜きました。

 

スカッと勝ったという印象はなく、とても井上を超えたという表現はなじまない新記録ですね。

 

井上はしかも歴戦の王者を圧倒的な強さでKO奪取、7戦目の井岡は無敗の王者をボディ1発で文句なしのKO勝ち。
対して、田中の相手は世界1位との決定戦でなんとか判定勝ち、この辺りを鑑みると、何戦目なんて単純比較は意味がないように思えます。


■テレビで放送がない、地上波はもちろんBSもCATVも

残念ながら大阪でのテレビ放映がなかったので、Yahooでラウンドごとの推移をリアルライムで追っかけていました。

 

6回に田中が撃ち込まれたような経過報告があり、「やばいんじゃないの?」

 

やはり目で確認できないもどかしさは、かなりのストレスですね。


7回に田中がペースを取り戻した、というコメントが入り、ほっと一息。
その後は一進一退の攻防で、後半のポイントがどっちに流れたか気になるところでしたが、前半の優位を守って判定勝ちしたかな~と思いながら、ドキドキして結果を待ちました。

 

■両者の実力は

実は両選手の試合をテレビで一度も見たことがなくて、唯一関係がある試合を見たといえば、田中の対戦相手の原隆二の、田中に東洋太平洋タイトルを奪われる直前の試合ですね。

 

原はきびきびした動きで、ミニマムなら十分世界に通用しそうなボクサーにみえました。

 

それを10回TKOに下した田中の実力は相当なものだと、間接的に判断できただけです。


もちろん、ユーチューブで両選手の試合は見ましたが、田中は結構スピードがあって、パンチも切れますね。ただ後半になると少し動きが雑になって、スタミナ不足が気になりました。


一方のイエドラスは疲れを知らないファイターで、かなりプレッシャーが強そうなので、これを捌くのはかなりスタミナを使うだろな、後半がきつそうな相手だという印象でした。
パンチは雑でそれほど切れもなそうなので、KO負けの危険性は低そうです。


■私の予想通りにはいかんね

前半はスピードに勝る田中がジャブで距離をとり、うまくいけば右のカウンターでダウンを奪えるのでは、と思っていました。


Yahooで追っかけだしたのが、5回からだったので、「まだKOしてないのか」とがっかりしました。やっぱり世界1位はそう簡単に倒れないものですね。


だから、6回にピンチのなったときは、田中のスタミナが予想以上に早く切れてきたのでは、と不安になったわけです。だから7回にペースをもちなおしなおしたときには、前述のとおり「ほっとしました」。


相手がばててくれたら、チャンスもあるでしょうが、予想通りガンガン前に出てきますので、うまくカウンターを取るのが難しいんでしょう。


終盤、KOもあると思っていましたが、8回ぐらいからのコメントを読むと、どうやら判定決着みたい、と確信しました。しかもそれほどリードしているようでもなさそうなので、「判定なら勝つやろ」と思っていた予想も怪しくなってきました。

とりあえず、勝ってよかったですね。CATVで6月6日に放送がありますので、一人で感想戦をやっときます。

 

注:その感想戦の記事はこちら↓

田中恒成VSフリアン・イエドラス・・・次戦は高山勝成と対戦か!? - わしはボクシングマニア

 

■リナレス防衛成功

同じ30日にイギリスで防衛戦を行ったリナレスが10回KOで防衛に成功しました。


WBC世界ライト級タイトルマッチ
ホルヘ・リナレスVSケビン・ミッチェル