わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

長谷川穂積が再起戦勝利で飾る!VSオラシオ・ガルシア戦・・・亀田和毅はジェイミー・マグドーネルに敗北

▼最新記事

■フェザー級10回戦:長谷川穂積VSオラシオ・ガルシア(メキシコ)

f:id:stonemeintothegroove:20150510153246j:plain

長谷川はなぜこんな強い相手を再起戦に選んだのでしょう。

同じ世界ランカーでしたら、細野悟あたりで十分でしょう。

勝つのはもちろん、KOを狙えたでしょうし、そして4団体すべての世界ランキングが手に入ります。


まあ、タイの観光ボクサーを選ぶよりは、はるかにファンにとっては面白いのは間違いないです。長谷川の勇気には脱帽します。


■動きがにぶいガルシア

ガルシアはWBC世界Sバンタム級9位、29戦29勝21KOのまさに本物の世界ランカーです。今回はフェザー級のウエイトで戦うわけですが、ガルシアの方が一回り大きく見えました。


しかしスピード、テクニックは長谷川が圧倒。

f:id:stonemeintothegroove:20150510153352j:plain

f:id:stonemeintothegroove:20150510153439j:plain


「前日計量から体重をあげすぎた」とガルシアが試合後に言っていた通り、パワーはあるが、動きが鈍くパンチにスピードがないので、長谷川に当たりません。


■思い通りの判定勝ち

打たせないで打つ、まさにそれを実践した試合運びでした。ボディブローも効果的でしたし、右ストレート、フックは面白いように当たりましたね。どうやらガルシアはサウスポーが苦手のようです。


打ち合う場面もありましたが、長谷川は相手の距離を見切っていたようで、クリーンヒットをもらうことはありませんでした。


長谷川の調子は必ずしも良くなかったということですが、私の眼には、長谷川のテクニックのすべてを見せてもらったような気がします。とにかくパンチの当て勘がいいですし、手数も多い。

 

WBA世界バンタム級タイトルマッチで、せっかくダウンを奪いながら、極端に手数が少なくて判定負けした亀田和毅とは、えらい違いです。


亀田兄弟はほんとに手数が極端に少ないですね。いくらうまくよけても、パンチを打たないとボクシングは勝てませんよ!


久しぶりに長谷川らしいボクシングを見せてもらって、判定でも十分見ごたえがありました。

 

■さて次はどうするの

ガルシアはWBCとIBFでランキング入りしていますから、ここの世界タイトルを狙いに行くのでしょう。(引退するような気もしますが)
フェザー級でしたら、WBCは先日ジョニゴンをKOしたゲリー・ラッセル・ジュニア。

スピードはありますが、ワシル・ロマチェンコには負けています。

長谷川ならいい試合ができそうです。IBFのイブケニー・グラドビッチはよくわかりませんね。


■速報

5月10日、アメリカ、亀田和毅はチャンピオンのジェイミー・マグドーネルに判定負けでタイトル奪取ならず、初黒星。

3ラウンドにダウンを奪いながら、その後の極端な手数の少なさに、判定負け。きっと4ラウンドから退屈なボクシングが展開されたのでしょうね。

もっと勇気のあるボクシングをしなければ、世界では通用しません。

そんなに打たれるのが怖いなら、ボクシングやめたら?