わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ようやく3階級制覇?しょーもな! ファン・カルロス・レベコVS井岡一翔

▼最新記事

◆複数階級にこだわるな

f:id:stonemeintothegroove:20150423174036j:plain

WBA世界フライ級タイトルマッチ:ファン・カルロス・レベコVS井岡一翔


これが2回目のチャレンジになります。これに失敗するとはっきり言って赤信号でしたね。


でもまあ、方法はありますよ。弱い相手と王座決定戦をやるんです。

これを「亀田作戦」といいます。

 

かなりずるいやり方ですけどね~4階級制覇の時に使ってチョー。


私は複数階級制覇にこだわるのはあまり賛成しません。

具志堅さんや山中慎介みたいに同じ階級で、強い相手に、強い勝ち方をする方がボクシングファンは絶対好きなはずです。


3階級制覇は井岡ファミリーの勝手な事情で、ファンを無視しているように思えます。
今回の3階級制覇は、単なる井岡ファミリーの自己満足です。
「つまらない」記録を作るより、面白いボクシングを見せてほしいですね。


◆井岡ってこんなに手数少なかった?


左ジャブ打って、時折右ストレート。確かにヒット率は高いものの、あまりにも手数が少なく、まるで晩年の亀田興毅を見ているような錯覚にとらわれました。


簡単に言うと「つまらないボクシング」でしたね。私の友人のNさんは途中で寝てしまったそうです。山中や内山に比べると地味で退屈な試合でした。


アメリカのジャッジは少ない有効だよりも、手数の多さにポイント与える傾向があります。
この試合を引き分けと採点したジャッジもアメリカ人です。結構多用していたボディブローもアメリカでポイントにあまりつながりません。


日本風の採点をすると、最低でも3ポイント前後は井岡が優っていたでしょうが、パンチ数ははるかにレベコの方が多かったですから、アメリカで試合をしていたら、負けていたかもしれません。


最近WOWOWでみた亀海喜寛も、同じようなボクシングをしていました。五分五分の試合のように見えましたが、大差の判定負けでした。


◆井上尚弥に大きく水をあけられた


井岡のパンチ力では一発で倒すことは無理です。残念ながらフライ級の一流選手には通用しませんね。彼の場合、大事なのはコンビネーションブローです。


今回の試合では全く見られませんでした。すべて単発。見ていて歯がゆくなるくらい連打が出ませんでした。ボクシングファンにはストレスのたまる試合でしたね。


レベコも「自分が試合を支配していた」と再戦を熱望しています。まあレベコも大した選手ではないですね。井上尚弥なら秒殺でしょう。


もっとパンチが錯綜するスリリングな試合が見たかったですね。
井上選手の試合は目が離せませんでした。わくわくするボクシングです。


◆安全運転の退屈な試合はもうええで


長谷川穂積なんか、ファンが「もうええ」言うてんのに打ち合いますからね。ああいうカウンター覚悟の打ち合いも時には必要です。


同じ日に防衛した高山勝成なんか、相手のカウンターをもろともせず打ち込んでいました。


井岡にもああいう勇気がほしいですね。

 

ファンが見たいのは記録を作る試合ではなく、わくわくするような面白いボクシングです。
井岡の今回のボクシングには全く魅力を感じませんでした。
とても楽しみにしていただけにショックが大きですよ。マッタク~。


◆解説者変えて!


鬼塚さんと内藤さんの解説では、しょうーもないボクシングがさらに面白くなくなります。


今のパンチの効果は? ペースはどっちが? 

とにかく的確な解説が全くでできていないし、盛り上がらないことこの上ない覇気のないしゃべり方。景気づけに、ラウンドの休憩中にドローンでも飛ばしますか?


これなら香川照之さんやくりーむしちゅーの上田晋也さんの方が、はるかに素晴らしい解説をしますよ。絶対盛り上がりますしね。いっそ料理研究家の土井善晴先生にやってもらいますか?

土井善晴の男メシ―家庭料理の巨匠から伝授されたホンモノの“男メシ”の (週刊プレイボーイ特別編集ムック)

「今のパンチ、あれでいいんですよ」