わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

山中慎介、辰吉ジュニア寿以輝のためにサンティリャンを早い回でKO

▼最新記事

辰吉家―天下無敵の子育て

◆早く終わらせれば辰吉ジュニアの試合がテレビで!


WBCバンタム級タイトルマッチ:山中慎介VSディエゴ・サンティリャン

1ラウンド、両者がリング上で対峙した時に、サンティリャンが小さく見えて、とても23戦無敗の強豪には思えませんでした。構えた格好もどことなく不細工で、「山中勝ったな」と早くも感じた次第です。

 

実はこの前日、私が最強の挑戦者だったと思う「マルコム・ツニャカオ戦」を録画で見ていたので、サンティリャンが余計に頼りなく見えたのかもしれません。

山中がKOで試合を早く終わらせれば、辰吉寿以輝のデビュー戦をテレビで放映するということになっていたようです。
そして、山中は予定通り7回に終わらせて8度目の防衛を果たし、ボクシングファンに、もう一つのプレゼントを提供してくれました。
これって、簡単に言いますが、結構大変なことですよ。山中チャンピオン、大したものです!


◆4回戦ボーイのデビュー戦がテレビ放映

デビュー戦・・・VS岩谷忠男。一度以前に記事を書きました↓

辰吉ジュニア、辰吉寿以輝は手が短い? - わしはボクシングマニア


ボクシング観戦歴50年の私も、4回戦ボーイのデビュー戦を地上波で観たのは初めてです。
アマチュア経験があり、しかも高校3冠とかオリンピアンとか、それなりの輝かしい成績を残した選手がデビューする場合は、今までにもテレビで放映されたことが幾度かあります。最近ですと井上尚弥とか村田諒太なんかが有名ですね。
辰吉丈一郎さんもそうだったと思います。テレビで見た記憶があります。
6回戦で2ラウンドKOデビューを果たしています。
寿以輝も早くからボクシングに接していたようですが、アマチュア経験はありません。
そういえば彼のプロテストは公開で行われました。

もうKOデビューしか許されない重圧は、計り知れないものでしょう。
そして、約束通り父親と同じ2ラウンドKOで、デビュー戦を勝利で飾りました。

 

テレビ局はホクホクでしょうね。さすが親子です。スター性は抜群です。


しかし、体型は辰吉丈一郎さんとはまったく似ていません。お父さんはもっと手足が長くほっそりした感じでしが、次男はがっしりしてバンタム級ではきつい感じですね。(この日はSバンタム級)


パンチ力はありそうですが、私が見る限り2ラウンドにはもう息が上がっていたように思います。力んでパンチを打ちすぎているのでしょう(重圧もかなり影響しているかもしれませんが)。この辺りは実戦経験がないので仕方がないのかもしれませんが、まずはキャリアを積むことが大事です。


それほど強い相手とやる必要はないし、新人王にこだわることもないと思います。


最近の新人王は、日本ランキングに入っても、実力が伴わないのですぐに負けて、そこから苦労しています。
今の辰吉寿以輝の実力と才能では、かなり時間がかかりそうですね。

 

辰吉寿以輝、KOデビュー 丈一郎さん「ようやった」:朝日新聞デジタル

(16日、ボクシングスーパーバンタム級4回戦)

 父の丈一郎さんと母のるみさんがリングサイドで見守る中、辰吉寿以輝はデビュー戦に臨んだ。入場のとき、母がすでに泣いているのに気づいた寿以輝は「心配すんな」と思いながらリングに上がったという。

 1回終了間際にダウンを奪うと、2回にも倒す。さらに右ストレートでぐらつかせると、レフェリーが止めてKOだ。寿以輝は興奮気味に「こんな大勢の前で戦えて楽しかった」。

 父は「アマチュア経験もないズブの素人にしたら、ようやった。親バカって言われるかもしれんけど、たいしたもんや」。そう言って、次男と握手した。