わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最近読んだ面白い本、江上剛さん「非情銀行」西澤保彦さん「腕貫探偵残業中」今野敏さん「欠落」小路幸也さん「娘の結婚」

▼最新記事

◆江上剛さん「非情銀行」


合併に向けて非情利なリストラを敢行する中村常務、そして影のフィクサー九鬼。この二人の暗躍を阻止するために、命がけで歯向かう主人公(竹内)たちの話です。
相手は不気味な動きで何度も脅しをかけてきます。

ハッピーエンドにならなければ、辛くて読んでいられない話ですが、果たして…
まあここまで書いて、ハッピーエンドにならないわけがないですね。

 

非情銀行 (新潮文庫)

非情銀行 (新潮文庫)

 

 

◆西澤保彦さん「腕貫探偵残業中」

実はこれ、以前に読んでいました。2回目です。
私はほんとにこれが多いですね。ひどいときは3冊目なんていうときもあります。

先日はネットで買うとき、同じ本を2冊買いました。これはもう最悪です。


さて、「腕貫探偵残業中」は、市役所苦情係だけど敏腕探偵でもある腕貫さんの残業編。シリーズ第2弾です。
このあと第3弾「モラトリアム・シアター」、第4弾「探偵が腕貫を外すとき」と続きます。
「探偵が腕貫を外すとき」は読みましたが、「モラトリアム・シアター」はまだ読んでいません。「モラトリアム・シアター」は書き下ろし長編小説ですので、他の3冊とは設定が少し違うようです。
「モラトリアム・シアター」以外はすべて短編連作もので、とても読みやすく、寝る前にちょうど良い本です。
小気味よい謎解きで、安楽椅子探偵としては、あまりにも出来過ぎ感はありますが、それがこのシリーズの良さでもあります。短い話の中で、とんでもなくややこしい謎を解くわけですから、このぐらいのスーパー探偵でないと無理です。

 

腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)

腕貫探偵、残業中 (実業之日本社文庫)

 

 

◆今野敏さん「欠落」


同期の婦人警官が人質の身代わりになり、犯人はそのまま逃走してしまいます。
捜査一課の宇田川は心配で、自分の殺人事件の捜査に集中できず、かといって事件は待ってくれません。
SITや公安、捜査本部が入り乱れて、とてもややこしい展開になっていきます。
まさかのどんでん返しで窮地に陥りますが、そこからまたまたどんでん返し。はらはらドキドキの徹夜本です。

 

欠落

欠落

 

 

◆小路幸也さん「娘の結婚」


不幸な出来事はあるものの、とても素晴らしい人たちに囲まれて、ありえないほどの好意をもらう、正に小説にしかない夢のような物語です。まさに小路さんの真骨頂ですね。
主人公の父親は、小説とはいえ、私にはとても思いつかない、気の効いた話を娘にします。


もし、一般的に父親はこんなセリフを言えなければならないなら、私は父親、いやひょっとしたら大人失格ですね。
世の父親の方、一度読んで確認してください。

 

娘の結婚

娘の結婚