わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

カール・フランプトンVSクリス・アバロス・・・リゴンドーに勝てるのはどっち?

▼最新記事

◆IBF世界Sバンタム級タイトルマッチ:カール・フランプトンVSクリス・アバロス

◆WOWOWエキサイトマッチ観戦記・その12:因縁の対決?


この二人は間接的に日本人と因縁があります。
まず、チャンピオンのフランプトンは、防衛戦であの長谷川穂積をKOしたキコ・マルチネス(スペイン)からタイトルを奪っています
しかも、ダウンを奪う一方的な展開で大差の判定勝ちです。
一方のアバロスは、石原康隆と挑戦者決定戦を行い、7ラウンドKOで、フランプトンへの挑戦権を獲得しています。


◆なかなか興味ある対戦


さあ、どちらが強いのでしょうか!
IBF1位のアバロスはプレッシャーが強く、どんどん前に出てきます。パンチも重そうで、なかなか厄介な相手です。
しかしチャンピオンは全く動じません。素早い動きでアバロスの攻勢をかわし、素早くカウンターを打ち込みます。この二人、スピードが決定的に違います。
アバロスは重そうなパンチを繰り出しますが、フランプトンのスピードについていけず、パワーパンチがすべて空を切ります。
一方的な展開が続き、5ラウンドにフランプトンの連打でレフリーのストップが入りました。アバロスも強いけど、フランプトンの強さはこのクラスでも群を抜いていますね。
踏み込みが早くて、フットワークがよく、パンチも切れます。
このチャンピオン、ギジェルモ・リゴンドーに勝てるかもしれませんね。


◆次はイギリス人対決


どうやらフランプトンはリゴンドーではなく、同国人のWBA世界Sバンタム級のスコット・クイッグと統一戦をやるようです。
面白いですね、このクイッグも前回の防衛戦は日本人の大竹秀典に、大差で判定勝ちしています。
ヨーロッパでこれほど日本人が絡んでくることは、ほんとに珍しいです。
クイッグと大竹の試合は以前に書きましたが、大竹を倒しきれないクイッグでは、フランプトンに勝てないですね。


パワーはクイッグの方に分がありますが、それ以外はすべてフランプトンに軍配が上がります。パンチの切れ、スピード、スタミナ、フットワークもすべて上です。
早い回でクイッグが勝負に出て、パワーで押し切れば展開も変わってくるでしょうが、それ以外にはクイッグに勝機はないですね。
今のフランプトンならクイッグを倒せるかもしれません。
そして次はいよいよリゴンドーです。これが楽しみです!