わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

井岡一翔の対戦相手、ファン・カルロス・レベコの実力は?

▼最新記事

↓前回の記事

boxing.hatenablog.jp

 

 

◆ファン・カルロス・レベコ

4月22日に井岡一翔が挑戦するWBA世界フライ級チャンピオン、ファン・カルロス・レベコの実力を調べてみました。
2年前に日本で当時9位の黒田雅之と対戦した時は、なんの武器もない黒田をもてあまし、結局判定勝ち。黒田にもう少しパンチ力があれば、何とかなったのでは思った記憶があります。とにかく、それほど怖い印象はありません。


◆ヨドモンコンとの防衛戦から計る

昨年12月にヨドモンコン・ポーセーンチップとの防衛戦では、序盤にヨドモンコンのカウンターをもらい、ダウンを喫しています。


ヨドモンコンは体がチャンピオンより一回り体が大きく、パワーが感じられました。
結果を知らなかったら、「これはチャンピオン危ないで」と思ったでしょうね。


フライ級はライトフライに比べると、かなりレベルが高いのは間違いありません。
レベコは左ボディブローがうまい。井岡もこれは要注意ですね。絶対にこのパンチを多用してくると思いますよ。右のオーバーハンドは少しオープン気味で、大きな振りの割に効果はそれほどないのではないでしょうか。


このチャンピオン、体は小さいがパンチの振りは大きく、思い切って打ってきます。
井岡ならまともにもらわないでしょうけど、もらったらやばいですね。特に左は要注意です。


チャンピオンはこのパワフルな挑戦者に本当にKOしたのかなと、半信半疑で見ていましたが、右のボディブロー一発で、試合は唐突に終わってしまいました。
「えっ?」なんじゃこれと、あまりのあっけない幕切れにびっくり。


挑戦者のヨドモンコンは体格がいいものの、その分、減量がきつかったのかな~。
ヨドモンコンはSフライ級で怖い存在になりそうな気がしました。


◆井岡勝てるぞ!

レベコはそれほど防御勘に優れているわけでもなく、的が小さい割にはパンチを当てやすいように思います。パンチの振りも大きく、仮にもらっても少しオープン気味なので、深刻なダメージにつながらないでしょう。
気を付けるのは、左ボディですね。これはなかなかうまい。このパンチにあわせてカウンターを多用するのもいいかもしれません。


井岡もこの程度のチャンピオンに勝てないようでは、三階級制覇は無理ですね。


ロマゴンやアムナットに比べればはるかに「組し易し」です。


井上に負けないように絶対にKO

 

決着をつけてください。