わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

日本Sライト級タイトルマッチ:岡田博喜VS外園隼人・・・次は小原佳太!

▼最新記事

◆チャンピオン岡田博喜VS外園隼人(1位)

ダイナミックグローブ:日本Sライト級タイトルマッチ(2015年3月7日)

9戦無敗7KOのチャンピオンの実力はどの程度なのか?「お手並み拝見」の対戦です。

アマチュア経験がある岡田は、さすがに基本がしっかりしていて、左ジャブが多く、スピードもありました。
残念なのは1ラウンド早々、外園がバッテイングでカットしてしまったことです。
チャンピオン優位に進み、3ラウンド、外園が挽回しようと攻勢に出たところを、岡田のカウンターがきれいに決まり、挑戦者がダウン。ダメージが深いとみたレフリーがすぐにストップしました。


挑戦者がカットしたため、かなり強引に攻めてきたあたりは、岡田にとっては少しラッキーな感じはしましたが、パンチの威力はありますね。
体のキレもあり、このクラスとしては動きがきびきびしており、挑戦者とのスピードの差が明らかで、私には十分将来性を感じさせました。

この試合の前に行われた日本ウェルター級のタイトルマッチが凡戦で、両選手にまったく将来性を感じなかったために、余計に岡田の動きの良さが目立ちましたね。


◆次は小原佳太!

東洋太平洋のSライト級チャンピオン、小原佳太との対戦が楽しみですね。ぜひ近々に実現してほしいカードです。
小原は14戦13勝12KO1敗のハードパンチャーです。まだ、試合を見たことがないので、何とも言えませんが、2年前に同じ外園を4ラウンドKOしていますから、かなりの実力者と思います。WBCの10位にもランクされています。
この二人の勝者は世界が見えてもおかしくありません。が、残念ながらこのクラスのチャンピオンはあのダニー・ガルシアです。ちょっと相手が悪いですね。悪すぎます。
IBFのレイモンド・ピーターソンも相当な難敵ですね。そして、このクラスには強打者、ルーカス・マティセもいました。この選手は危険すぎます。

このクラスの世界はちょっとレベルが高いですね~。じっくり行きましょう!