わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

賞味期限の切れたビッグファイト・・・メイウェザー戦はパッキャオ引退のはなむけ

▼最新記事

◆無敗のメイウェザー

フロイド・メイウェザーは無敗です。過去に危ないシーンはシェーン・モズリーのあの一発だけで、それ以外はすべてのパンチを見切っている、と言っても過言ではありません。おそらく多くの世界中のボクシングファンは、このパンチをもらわない天才がKOされるシーンを見たい!と思っているはずです。

 

(ちなみにこの試合結果の感想は↓です)

やっぱりしょーもなかった! メイウェザーVSパッキャオ・・・面白かったのはワシル・ロマチェンコVSガブリエル・ロドリゲス - わしはボクシングマニア

 

◆いまさらパッキャオ?


は~?世紀の大決戦!笑わせるな~メイウェザーVSパッキャオ - わしはボクシングマニア

マニー・パッキャオはすでにファン・マヌエル・マルケスに痛烈なKO負けをし、ブラッドリーにも判定とはいえ負けています。はっきりってメイウェザーの相手としては完全に力不足です。

 

パッキャオが強い!と思ったピークは、リッキー・ハットンをそしてミゲール・コットをKOした2試合ですね。あの頃なら、メイウェザーも危なかったかもしれません。

 

もう6年も前です。

 

その後は金儲けだけのマッチメイクで、内容はお粗末、「あ~ピーク過ぎたな!」。本当のボクシングファンはそう思ったんじゃないですか。
ネームバリューだけで試合を重ね、この5年間、7試合すべて判定勝ちでKO勝ちが一度もありません。前回のクリス・アルジェリもダウンを奪いながら、結局倒しきれませんでした。


こんなパッキャオにメイウェザーが倒せるわけありません。もう、踏込のスピードもKOパンチもないのにどう戦うのでしょう。追っかけて逃げられ、パンチをかわされ、カウンターをコツコツもらい、判定負けするつもりですか。あほらし~


これはまさにパッキャオのための引退試合です。デビューして20年、パッキャオの引退を飾る試合としては最高でしょう。でも「ボクシング」ファンを無視しています。私にはパッキャオはもう過去の人、早く後進に「ファイトマネー」を譲ってください。

KOされない男たち 不屈のボクサーとセコンドの物語
◆誰がメイウェザーを倒すのか!

まだ無名ですが、アメリカのSウェルター級世界ランカー、ジャーマル・チャーロ

20戦無敗16KOの戦績で、24歳。年齢の割に完成度が高く、リーチも長い、もちろんパンチ力もあります。フィジカル面でも結構パワフルです。問題はスピード。メイウェザーのスピードにどこまで対応できるかは未知数です。


もう一人は、WBA世界ウェルター級チャンピオンのキース・サーマン
前回の防衛戦では少し精彩を欠きましたが、スピードはかなりありますし、パンチも切れます。防御勘も優れています。メイウェザーにとってはかなり危険な相手だと思います。


◆なんといってもゲンナジー・ゴロフキン

ゲンナディ・ゴロフキンはミドル級ですが、メイウェザーを確実に倒せるのは彼しかいないでしょう。

 

思い切ってミドル級で対決してほしいですね。
これが本来のドリームマッチです!

 

(メイウェザーVSパッキャオの試合結果の感想は↓です)

やっぱりしょーもなかった! メイウェザーVSパッキャオ・・・面白かったのはワシル・ロマチェンコVSガブリエル・ロドリゲス - わしはボクシングマニア