わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

やっぱりゴロフキン! VSマーティン・マレー【WOWOWエキサイトマッチ観戦記・その10】

▼最新記事

◆やっぱりゴロフキン!

ゴロフキンのKOパンチは、パッキャオやメイウェザーをはるかにしのぐ面白さがあります。クリチコみたいに前触れもなくいきなりぶっ倒す、味気ないKOとは違い、理詰めでボクシングの醍醐味を満喫させてから倒すので、本当のKOシーンを堪能できます。

 

◆ゴロフキンVSマーティン・マレー(2015年2月23日放送)

WBA世界ミドル級タイトルマッチは、予想通りゴロフキンの一方的なペースで、マレーは完全に防御するのに専念し、両腕はゴロフキンのパンチをカバーするのに忙しくて、まるでそれ以外の使い方を知らないような感じでした。
4回に「マレーはボディが弱い!」と高柳さんが叫びましたが、残念ながら、弱かったのはこの回だけでした。2度もダウンしたのに、次の回からはすっかり立ちなおってしまいました。残念!
その後も、同じような展開が続き、マレーは「倒されなかったら満足」みたいな貝のようなボクシングで逃げ回るだけです。
こうなると、さすがのゴロフキンも倒すのが大変です。放送残り時間を考えると、「まさかまさかの判定」も考えられました。


◆さすがゴロフキン!

それでもやってくれるのがゴロフキン。やっぱり村田とはレベルが違いますね。

10回にダウンを奪い、きっちり11回に倒しました。
マレーは何しにモナコへやってきたのでしょう。彼はこの試合ではたして10発もパンチを打ったでしょうか?実につまらないボクサーでしたね。最低です。

 

◆ミニマム級に弱いチャンピオン見つけた!
ヘッキー・バトラーVSヘスス・シルベストレ(2015年2月23日放送)

WBA世界ミニマム級タイトルマッチは同じに日に行われましたが、このチャンピオン、ねらい目ですね。

基本的にアウトボクサー、テクニックで勝負するちゃらちゃらしたボクサーです。パンチ力やパワー、迫力は全くありません。
対するシルベストレは、パワーはあるものの、的中率が悪く、プレッシャーをかけて前に出るだけで、肝心のパンチがクリーンヒットせず、なかなかポイントを奪えず、結局チャンピオンにうまくごまかされて判定負け。
12ラウンド、退屈な試合でしたね。こんなチャンピオンなら、日本人にも十分勝つチャンスはあります。お買い得です!