わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

WOWOWエキサイトマッチ観戦記・その9【ヘビー級:バーメイン・スティバーンVSデオンテイ・ワイルダー】

▼最新記事

◆ワイルダーは本物か?

WBC世界ヘビー級タイトルマッチ(2015年2月9日放送)


新王者ワイルダー、米ヘビー級に新時代到来の期待 :日本経済新聞

 

バーメイン・スタイバーン - Wikipedia

 

デオンテイ・ワイルダー - Wikipedia



ふたつの意味で、ヘビー級の注目の一戦です。
ひとつは、ワイルダーは名のある対戦相手とはまだ一度も対戦していませんから、32戦32勝32KOのワイルダーの実力が本物かどうかを試す重要な一戦であり、もうひとつは、アメリカのヘビー級タイトルマッチ20連敗を阻止するかどうかという意味でも注目されているからです。
チャンピオンのスティバーン(スタイバーン)はこれが初防戦ですが、KO率80%の危険な相手です。

 

浜田さん得意の「お手並み拝見」ですね。

 

◆まさかの展開

ワイルダーは長い左ジャブを多用し、スティバーンを寄せ付けない作戦に出ました。完全なアウトボクシングで、これまでのワイルダーとは全く違うスタイルです。
でも、2回には、いつものワイルダーの豪快なパンチで、早くもチャンピオンはピンチに陥りました。
ワイルダーは今まで最長で4ラウンドした経験がありません。
しかし挑戦者は長いリーチを生かし、クレバーなボクシングを展開。浜田さんも「ワイルダーは非常に落ち着いたボクシングをしていまよ」「体も柔らかいし、よける感もいいですね」と、今までのスタイルと違うボクシングに驚きを隠せません

 



◆ワイルダーの完勝

7回にも32KO男の33回目のKOチャンスがやってきました。チャンスになるといつもの豪快な攻撃が出ますが、しかし、ここでも無理をしません。相手のダメージ度合いを考え、自分のスタミナの温存を図ります。


ジョー小泉さんが、「ワイルダーの細い脚は、打たれたときに心配ですね」と細い足を盛んに気にしていましたが、ワイルダーは予想以上に目がよくて体が柔らかいので、私が見る限り、クリーンヒットをもらうことも少ないでしょうし、仮にもらってもダメージを殺せるように思えました。


結局、その後は山場もなく、最終回にはブーイングも聞かれましたが、勝ちに徹したワイルダーの大差判定に終わり、残念ながら全KOの記録は途絶えました。
放送によると、新王者は手を骨折したということでしたから、終盤の流すようなアウトボクシングはそのせいかもしれません。

 

◆さあ、次はクリチコだ

ワイルダーは第一関門を突破しました。クリチコに勝てるかどうかはわかりませんが、その強さは本物と言っていいでしょう。
単にパンチ力だけの比較なら、クリチコに軍配が上がるでしょうが、ボクシングのスキルだけならワイルダーですし、ボクシングの面白さは圧倒的にワイルダーです。
なかなかの役者ですね。状況に応じていろんなスタイルのボクシングができますから、人気も出るでしょうね。クリチコみたいなダーティで単調なボクシングは、たとえKO決着でも面白味がありません


ジョー小泉さんが危惧していた細い足をもう少したくましくして、全体的なパワーアップ(せめてあと5キロ増量)に成功すれば、クリチコをぼっこぼっこにやっつけてくれるでしょう。


クリチコ!待っとけよ~