わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

長谷川穂積、現役続行?

▼最新記事

◆長谷川穂積、現役続行?

 

普通に考えれば、ほとんどの人が「絶対無理!」と口をそろえると思います。
それでも長谷川が現役を続行しようと思うからには、そこに何らかの自信があるはずです。
フェザー級でカムバックするようですが、さてどのチャンピオンを狙っているのでしょうか。私なりにそのあたりを検証してみました。


◆まず、WBCのジョニゴンと再戦?

前にKO負けしていますからね~でもまあチャンスがないわけではありません。ジョニー・ゴンザレスはスピードがなく打たれ弱いですから、長谷川のパンチでも倒すチャンスはありますが、それ以上に返り討ちに合う可能性の方がはるかに高いといえます。

ここで、現在、フェザー級の4団体のチャンピオンを改めて紹介しておきましょう。
WBO、ワシール・ロマチェンコ
IBF、イブゲニー・ブラドビッチ
WBA、ニコラス・ウォータース
WBC、ジョニー・ゴンザレス


◆IBFのブラドビッチが狙い目!

さて、長谷川が少しでも勝てるチャンスがあるとしたら、先ほどのジョニゴンよりはIBFのブラドビッチですね。
ブラドビッチは昨年、引き分けで防衛した試合をWOWOWで見ましたが、危険なパンチはないですね。とにかく手数が多くしつこいという印象だけで、さほど強敵とは思えませんでした。ジェニゴンよりこちらの方が狙い目のチャンピオンです。

あとの二人は全く勝ち目がありませんね。あまりにも強すぎます。やめておいた方がいいでしょう。

 

◆とりあえず、世界ランキングです

ところで、長谷川は今現在、世界ランキングに入っていません
ですから、狙うチャンピオンを決めて、その団体の世界ランカーに勝つ必要があります。
しかしそんなマッチメーク、簡単にできるとは思えません。相手にとって何のメリットもありませんからね。まあ、長谷川の「名前」がどこまで通用するかにかかっています。相手が長谷川に勝つことで「箔」がつくと思えばチャンスがあると思いますけど… 


◆でも、世界の層は厚いよ

ちなみに、長谷川にKOで勝ってIBF世界Sバンタム級タイトルを防衛した、キコ・マルチネスは次の防衛戦で、イギリスのカール・フランプトンにまったくいいところなく、ダウンを奪われての大差判定負けを喫しています。やっぱり長谷川の世界奪取はかなり厳しいですね。