わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

ボクシングマガジン

▼最新記事

 

ボクシングマガジン 2015年 02 月号 [雑誌]

ボクシングマガジン 2015年 02 月号 [雑誌]

 

◆バイブル

ボクシングファンのバイブルですね。ところが、この雑誌はマニアックですから、小さな本屋さんではほとんどおいてないんですよ。
昔は小さな近所の本屋さんにわざわざ取り寄せてもらって、毎月必ず15日に買いに行っていました。でも15年ぐらい前に廃業してしまい、それからは流浪の旅です。
通勤していたころは、途中の駅の少し大きめの本屋さんへ行ったり、近所の大きな本屋さんへ行ったりと。でもその本屋さんも移転してしまいました。


今は、悠々自適?の年金生活ですので、暇に任せてやっとこさ、近所で必ずおいている本屋さんを見つけました。でも、入荷数が少ないので、早く買いにいかないと売り切れてしまいます。

最初に苦言を呈しておきますが、この雑誌、校正が甘く、誤字が非常に多いんですよ。雑誌としてはレベルが低いですね。990円も少し割高です。まあマニアックな雑誌ですから、採算を考えると仕方がないですけど。むしろ廃刊にならないか、心配しています。

 

◆今月(2月号)の内容は充実してますね。

これだけ年末に世界戦があれば、記事に事欠かないでしょう。しかも、井上をはじめとして、ほとんどの日本人選手が素晴らしい試合をしましたからね。

 

まだ、全部読んでないんですが、「スケジュール&プレビュー」のページを見たら、2月9日に、日本Sフェザー級タイトルマッチの試合予定が掲載されていました。


チャンピオン内藤律樹VS伊藤雅雪、楽しみなカードですね。金子が脱落してしまいましたから、この二人の勝者が世界を目指すことになりそうです。


それから、2月18日のIBF世界バンタム級挑戦者決定戦。岩佐亮佑が世界6位のセルヒオ・ペレラスと対戦します。ペレラスの実力は未知数ですが、これに勝てば、IBFのチャンピオンはランディ・カバジェロですから、岩佐に十分チャンスはあります。
ただ、岩佐は最近、打たれもろさを露呈してますからね。終盤、疲れが見えてきたときに不用意なパンチをもらわなければ、スピードやテクニックで負けることはないと思います。


◆私が一番よく見るページは、巻末のランキング表です。

世界4団体(WBC,WBA,IBF,WBO)をはじめ、東洋太平洋、日本のランキングもあります。日本のランキング表にはご丁寧に戦績も掲載されていて、私がバイブルと称するのがご理解いただけると思います。


このランキング表は、WOWOWを見るときには絶対欠かせません。
私はこの表にいっぱい書き込みをします。こうなると、バイブルというより、受験生の単語帳みたいなもんですかね。