わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最近読んだ面白い本・その3(五十嵐貴久、西澤保彦、宮部みゆき「ソロモンの偽証」)

▼最新記事

◆五十嵐貴久さんの「サウンド・オブ・サイレンス」

サウンド・オブ・サイレンス (文春文庫)

サウンド・オブ・サイレンス (文春文庫)

 

 

この人はサスペンスだけじゃなくこんな話も書くんですね。
 
聾者の高校生たちがダンス大会を目指す話です。
 
聾者というのは先天的と後天的とまた違うんですね。手話ができたり口読ができたり。
 
差別と闘いハンデと闘い、ダンス大会で入賞する、ベタではあるがやはりハッピーエンドは感動しますね。
 

 

◆西澤保彦さんの「下戸は勘定に入れません」

 

 

下戸は勘定に入れません

下戸は勘定に入れません

 

 

いやーこの主人公、ずっと飲みっぱなしなんです。読んでるだけで二日酔いになってしまいそうです。
 
短編かと思ったら話がずっと繋がっていました。
 
死に場所を探しに、ついでに買ったカティーサークが運命の分かれ道になります。
 
西澤さんの真骨頂、あーでもない、こーでもないと思いを巡らせ、段々と真実に近づいていきます。当然、どんでん返しの連続面白かったです
 

 ◆宮部みゆきさんの「ソロモンの偽証」 

ソロモンの偽証 第I部 事件

ソロモンの偽証 第I部 事件

 

 

700ページを超える本が三巻。最後は722ページ、もう意地で読みました
 
映画化されるらしいですね。こちらは映画の方がいいかもしれません
 
私がもし作家なら、この話、一巻で終わらせます。ちょっと引っ張りすぎですね。無駄にページ数を稼ぎすぎです。
 
話は簡単。学校で死体で発見された中学生は自殺か、他殺か、もし他殺ならば犯人はだれか、というこうです。それを中学生が解決するストーリー。
 
でも、こんなすごい中学生たちがいたらびっくりですね。本物の裁判さながらの学校内裁判を運営し、見事真実を追求したのですから。最後の一巻が一番良かったと思います。当たり前ですが。