わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最近読んだ面白い本・その2(歌野晶午、三浦しおん、有川浩、深谷忠記)

▼最新記事

◆歌野晶午さんの「女王様と私」

 

女王様と私 (角川文庫)

女王様と私 (角川文庫)

 

 

空想の世界の話(これを先に言ってしまうとまずいかな)ですがミステリーとしては筋が通っていて、どんでん返しも理論的でした。引きこもりのオタク44歳、社会復帰できるかな~。でも最後にもう一つの仕掛けが…。やられました!
 
 
 

◆三浦しおんさんの「船を編む」

 

 

舟を編む

舟を編む

 

 

 
辞書を作るという、とても地味な話なんですが、気が遠くなるような時間をかけて一語一語手作りで、何十万個の言葉の意味を作り上げていく過程は感動ものです
 
何も成し遂げたという感動もなしに人生を終わるのは…ちょっと自分の生き方に疑問と不安がよぎりました。
 
映画化されていましたが、あれは失敗ですね。小説のほうがはるかに面白い。
 
 

◆有川浩さんの「ヒア・カムズ・ザ・サン」 

ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)

ヒア・カムズ・ザ・サン (新潮文庫)

 

 

7行の設定だけで二つの話がパラレルで進行します。
 
最初の話は出来すぎで、設定にかなり無理があると思いましたが、もう一つの嘘つき親父の方は感動しました。
 

 

◆深谷忠記さんの「黙秘」

黙秘 (講談社文庫)

黙秘 (講談社文庫)

 

 

「人間、勝手な希望を思い描かなければ絶望もないだろうが、希望を抱かずに生きるのは難しい」
 
パニック障害、その母親の殺人、そして裁判。どうつながるのでしょう?
 
セラピストによる記憶のコントロールによって事件は始まっていました。