わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末ボクシング観戦記・その4(河野公平、内山高志)

▼最新記事

◆WBA世界Sフライ級タイトルマッチ:河野公平VSノルベルト・ヒメネス

 


【ボクシング】河野が“倒せず”ほろ苦ドロー初防衛 - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日更新!

 
放送の都合で6回からしか見ていませんが、私が見る限り、河野が勝っていたように思いました河野の技術はかなり向上しているように見えましたが、どうもジャッジの印象が良くないようで、ノルベルト・ヒメネスのカウンターの方が的確なパンチに写ったようです。最近のジャッジの世界的傾向だと、河野ボクシングは不利ですね。
 
次は、この日OPBF東洋太平洋チャンピオンになった松本亮とやってほしいですね。
 
もちろん、井上尚弥との統一戦はぜひ見たいですけど。河野のパンチは切れがありますから、井上が油断すると面白い試合になるでしょう。
 
 
 

◆WBA世界Sフェザー級タイトルマッチ:内山高志VSイスラエル・ペレス

 


内山V9!9回ダイナマイト連打で挑戦者“戦意喪失”TKO ― スポニチ Sponichi Annex ボクシング

 
とりはもちろん、内山高志。ブランクが心配されましたが、杞憂に終わりました。
 
なぜか当たる左ジャブで相手の戦力は回を追うごとにそぎ落とされ、右のストレートも本来の威力に近いものを感じました。もう少し切れがあれば倒していたでしょう。相手は完全に戦意喪失、完勝です。これぞボクシングのお手本といえます。
 
相変わらずスピード感はないですし、下半身もかたいように感じるんですが、これが内山のボクシングなんでしょうね。いずれにしても、大好きな内山が勝って、今年も良い年になりました。ありがとうございます。
 
次はいよいよ三浦ですか。今の三浦は以前戦ったときよりはるかに強くなっています。打たれもろい面がある内山にとっては、今、最も危険な相手かもしれません。
 


内山高志が三浦隆司との統一戦に前向き - 格闘技ニュース : nikkansports.com