わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末ボクシング観戦記・その3(天笠尚VSリゴンドー、高山勝成、田口良一)

▼最新記事

 

◆WBO世界Sバンタム級タイトルマッチ:天笠尚VSギジェルモ・リゴンドー

まずリゴンドーですね。リゴンドーは完全に観光に来てますね。調整も万全といい難いし、なにより天才的な足の運びが本調子のそれとはかなり違いました。
 
天笠にダウンを奪われてからやっと本気になったみたいで、そこからは両者に本来の力量の差を感じました。
 
それまでは、背の高い天笠を持て余していましたし、やりにくそうで、いやいやボクシングしているように見えましたね。
 
天笠の健闘をたたえる声が多いようですが、ただ単にリゴンドーが油断しただけで、「勝てると思わないでやる試合なら、最初からやめとけばいい」というのが私の意見です。過去の事例からも、そんなやつが勝ったためしはないですからね。
 
 

◆IBF世界ミニマム級タイトルマッチ:高山勝成VS大平剛 


時事ドットコム:高山、連打で悲願成就=日本人初の4団体制覇−ボクシング世界戦

 
 
あれっ?高山の試合は放送しない~
 
仕方がないので、念のため録画して、田口のタイトルマッチに専念することにしました。
 
実はそれまでも、天笠と田口の試合を交互に見ていました。
 
年末、世界戦を集中させるにしても、せめて時間ぐらいずらしてよ~!
 
内山が完勝したのを確認してから、改めて高山の試合を録画で探したら、「ありました、ありました」。順番が最後に回されてしまったんですね
 
しょーもない試合でしたね。技術は大平(「おおだいら」と読むんですね。テレビで初めて知りました。)のほうが上でしたがあまりにもパンチ力がなさ過ぎて、結局、しつこくて防御もお構いなしに、左右パンチを振り回してくるだけの高山に根負けした感じでした。
 
こんな試合が世界タイトルマッチとは、情けないです。
 
 

◆WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ:田口良一VSアルベルト・ロセル

 


時事ドットコム:田口、さえたボディー攻撃=2度倒す完勝でベルト奪う−ボクシング世界戦

 
 
チャンピオンのアルベルト・ロセルは八重樫と戦ったペドロ・ゲバラよりかなり見劣りしましたね。「ひょっとしたら、田口が勝つかも」と思いながら見ていました。背が低く、スピード感もなく、パンチ力もなさそうで、どうやって4回も防衛したのだろう?と。
 
案の定、田口のボディーブローに2回ダウンをもらい、チャンピオンとしての見せ場もなく、明白な判定で田口が勝ってしましました。田口も調子が良かったし、動きもよくパンチも案外切れていましたね
 
私の予想は完全に外れてしましました。
 
防衛戦はぜひ井上の弟、井上拓真とやってほしいですね。