わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末ボクシング観戦記・その2(村田諒太、八重樫東、ホルヘ・リナレス)

▼最新記事

 

 

◆ミドル級ノンタイトルマッチ:村田諒太VSジェシー・ニックロウ

 


ボクシング:村田諒太が6連勝 「成長していると思う」 - 毎日新聞

 
 
がっかりなのは、村田です。相手のガードが堅いのはわかりますが、それにしても、パンチの切れがなさすぎますね。たしかに完全に守りに入った選手を倒すのは大変ですが、そこを倒してこそ世界上位を目指せると思います。
 
それと、世界ランカーに勝ったこともないのになぜ村田は世界9位なんでしょうか?
 
オリンピックの金メダルとプロの世界ランクは別ものですから、安易にランク入りするのはどうにも気に食わないですね。
 
 

◆WBC世界フライ級王座決定戦:八重樫東VSペドロ・ゲバラ

 


八重樫KO負け 3階級制覇ならず/詳細 - 格闘技ニュース : nikkansports.com

 
八重樫は不甲斐なかったですね。勝てるとは思いませんが、ボディーでKOされるとは…
 
フライからライトフライはやっぱり無理がありました。動きも悪かったし、かといってフィジカルで問題のあるフライに戻るのもねえ。もう引退ですか。
 
 

◆WBC世界ライト級王座決定戦:ホルヘ・リナレスVSハビエル・プリエト

 


ホルヘ・リナレスが4R1分50秒KO勝ちで3階級制覇 - ライブドアニュース

 
八重樫がKO負けしたおかげで、ホルヘ・リナレスの試合が見られました。
 
八重樫ありがとう!
 
勝つとは思っていましたが、予想以上の完勝でしたね。ただ、相手が世界2位というのはちょっと腑に落ちません。戦績も戦力も世界ランカーとは思えない感じがしました。
 
正念場は、次の正規王者オマール・フィゲロアとの統一戦ですね。
 
ズバリ!KO負けでしょう。