わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

最近読んだ面白い本:翻訳ガール(千梨らく)、胡蝶殺し(近藤史恵)

▼最新記事


◆千梨らくさんの「翻訳ガール」

この3か月ぐらいで読んだ面白かった本を紹介します。

まずは千梨らくさんの「翻訳ガール」。おっさんでこれを読んだ人はおそらくいないでしょうね。私も千梨さんの本を読んだのはこれが初めてです。「ちなし」と読みます。他の作品を見ると、とてもおっさんが読むような本は見当たりません。
この本はもちろん図書館で借りました。まあ面白くなければ返せば済みますからね。私はこれを黒ヤギさんと呼んでいます。
「黒ヤギさんは読まずに食べた~♪」

タイトルを見たときは、軽~い小説かな、読みやすかったらまぁい~か、ぐらいの捨て駒の一冊でした。
ところがなんのなんの、心の弱い人たち、心が弱いばっかりに歪んだ行動をとる人たち、それを支える優しい人たち。とにかく癒される本でした。
様々な翻訳を請け負う小さな会社に勤める主人公の女性に、海外文学の翻訳の依頼がきます。そしてそれにまつわるいろいろなトラブルが発生しますが、ここからこの話の本番です。全体的には結構ミステリータッチで、あっと驚く犯人が…いたりします。もちろん殺人ではありませんよ。
心が弱いおっさんにはぴったりの本です。逆に心の強い人にはとても退屈な本かもしれません。

 

◆近藤史恵さんの「胡蝶殺し」

次に紹介するのは、近藤史恵さんの「胡蝶殺し」。私は、近藤さんの本はほとんど読んでいます。もともとミステリーファンですからね。その中でもベスト3ぐらいに入るかな~。
ただ、この本は「胡蝶殺し」と言いながら、まったく殺人は起こりません。歌舞伎界の話です。これを読むと歌舞伎界のことが結構わかりますよ。大変な世界ですね。
この物語は、子役から役者になるまでの様々な厳しい試練を描いています。
親が亡くなり、後見人となって預かった子供は、自分の息子よりもはるかに才能がありました。が、その子供がおたふく風邪になって大役をおろされ、見抜けなかった自分の息子の能力にようやく気付きます。この時にもひと波乱あったのですが、トラブルはまだまだ続きます。結局、…お楽しみのどんでん返しもありますよ。

今回は厳選して2冊だけ。(その2)でざっーと5冊ぐらい紹介しようと思います。

 

 

翻訳ガール (宝島社文庫『日本ラブストーリー大賞』シリーズ)

翻訳ガール (宝島社文庫『日本ラブストーリー大賞』シリーズ)

 

 

 

胡蝶殺し

胡蝶殺し