わしのボクシングブログ「わしボク」…結果速報や試合日程など今日の最新情報を紹介

ボクシング人気を少しでも高めるため、ボクシングを知らない人にもなるべく分かるよう書いていきたいです。大好きなボクシングへの恩返しとなればと思います。

年末世界戦大胆予測・30日編、井上、八重樫、リナレス

▼最新記事

◆年末2日間で8試合の世界戦

いや~年末2日間で8試合の世界戦をやりますね。ちょっとひどいです。せめて2試合ずつ、4日間ぐらいに分散できませんかね~、ほんとに

しかもあのギジェルモ・リゴンドーが日本へやってきます。パッキャオやメイウエザーにも匹敵する実力者ですよ!ドネアにも勝って、もはや相手がいない状態です。
リゴンドーについては後程ゆっくり触れることにしまして、とりあえず、30日の世界戦から見ていきましょうか。

 

◆オマール・ナルバエス対井上尚弥

まず筆頭は、WBO世界Sフライ級タイトルマッチ。オマール・ナルバエスに井上尚弥が挑戦します。フライを飛び越えての3階級制覇を狙います。


ナルバエスも39歳、軽量級ではかなりきびしい年齢ですね。まあ百戦錬磨の技術は計り知れないですが、能力的には井上に問題はないかなと思っています。が、フィジカル面でどうかです。井岡もフライの壁で躓いたように、井上にも大きな障害になりそうな気がします。まさに正念場ですね。しかもいきなりの世界戦

 

その自信を買って、判定勝ちで井上を予想します。

 

◆WBC世界ライトフライ級王座決定戦、八重樫はラッキー

八重樫はラッキーですね。すぐに世界戦のチャンスが巡ってきましたから。でも相手は背が高いしやりにくいです。ずばり判定負けでしょう。八重樫のパンチが届かず空回りして、かみ合わない凡戦になる気がします。


フライ級の体を作って戦って、ライトフライに落とすのはかなりきついと思いますし、唯一明るい材料といえば、このクラスはフライ級に比べてかなりレベルが低いことですね。今度また倒されたら選手生命も終わりです。引退覚悟の捨身戦法に期待します。


◆WBC世界ライト級王座決定戦、ホルヘ・リナレス

 

ホルヘ・リナレスにもやっとチャンスが巡ってきましたね。八重樫とは大違いで、3年待たされましたから。レベルの高いクラスだけに仕方がないのかもしれません。


今回は順当にいけば、リナレスの大差判定、もしくはKOもあり得ると思います。相手のハビエル・プエルトは3年前とはいえ、三浦にKOされたエドガル・プエルタにKO負けしています。問題は、リナレスが極端に打たれ弱いこと。これは致命的ですね。3敗してるんですが、すべてKO負けです。
でもおそらく、時間が余らない限り放送されないでしょうね。
ノンタイトルとはいえ、やはり村田の試合が優先されるでしょう。